クレジットカードを使用した時の勘定科目や仕訳について

 

クレジットカードを利用して事業に必要なものを購入したり、商品を販売した際にクレジットカードによる支払いを受けた時など、クレジットカードの仕訳の処理や注意点についてまとめています。

 

現金主義の場合

 

現金主義での仕訳については、現金の動きがあった時だけで構いません。

ですから、クレジットカードで購入した時には、仕訳の処理は必要ありません。

口座から引き落としがあった時に、仕訳を切ることになります。

 

現金主義の仕訳例

 

●5,000円分の消耗品をクレジットカードで購入した。

 

日時借方金額貸方金額
購入日仕訳なし
                      
引き落とし日消耗品費 5,000普通預金5,000

 

現金主義の場合は、一度の仕訳で終わりです。

現金主義は、青色申告の10万円の控除を受ける際の処理方法となります。

 

発生主義の場合

 

発生主義での仕訳については、現金主義よりも仕訳が面倒です。

 

現金主義の場合は、現金が動いたときだけ仕訳すればよかったのですが、発生主義に関しては、取引が発生した時と現金が動いたときの2回に分けて仕訳を切る必要があります。

 

青色申告特別控除の65万円の控除を受けるためには、この発生主義で仕訳する必要があります。

 

ちなみに、白色申告の場合も原則は発生主義での仕訳となります。

 

発生主義の仕訳例

 

●5,000円分の消耗品をクレジットカードで購入した。

 

日時借方金額貸方金額
購入日消耗品費5,000未払金5,000
引き落とし日未払金5,000普通預金5,000

 

発生主義の場合は、クレジットカードを利用した時と、引き落としの際に仕訳を切る必要があります。

 

現金主義と比べると手間がかかるように思うかもしれませんが、仕組みを理解すれば難しい処理ではありません。

 

青色申告特別控除の65万円の控除が受けられるので、発生主義での処理を覚えていただきたいです。

 

クラウド会計ソフトを利用すれば、発生主義でもかなり楽に処理ができますよ。

 

注意点について

 

事業用と個人用の支払いが一緒になった場合

 

事業用のクレジットカードで、仕事で使用するものと個人で使用するものを同時に購入することもあります。

 

5,000円分の消耗品と2,000円分の個人の買い物をしてクレジットカードで決済した。

 

日時借方金額貸方金額
購入日消耗品費5,000未払金7,000
事業主貸2,000
引き落とし日未払金7,000普通預金7,000

 

このような場合、個人用は必要経費にできませんので、下記のような仕訳を切る必要があります。

 

個人用の買い物分については、事業主貸で処理することになります。

 

個人用のクレジットカードを使った時

 

個人用のクレジットカードで事業に関係するものを支払った場合の処理については次のようになります。

 

個人用のクレジットカードで、事業に関連した書籍を3000円分購入した。

 

日時借方金額貸方金額
購入日新聞図書費3,000事業主借3,000
引き落とし日(個人用口座)仕訳なし

 

個人用のクレジットカードで、事業に関連した支払いをした時は、購入日に事業主借の勘定科目を使って仕訳します。

 

プライベートの口座から引き落とされた場合は仕訳の必要はありません。

 

クレジットカードの年会費について

 

事業用のクレジットカードの年会費についても経費として計上することができます。

 

勘定科目については、諸会費や支払手数料で処理することができます。

 

クレジットカードの年会費2000円が事業用の口座から引き落とされた。

 

日時借方金額貸方金額
引き落とし日支払手数料2,000普通預金2,000

 

基本的に、事業で使用するカードでたまに個人の買い物をするくらいであれば、年会費を全額経費計上しても問題視されることはないと思いますが、頻繁に個人の買い物をするようであれば、年会費についても事業割合を計算して按分するのが正しい処理になるはずです。

 

ただし、そうなると面倒ですよね。事業主貸の仕訳処理も多くなりますし・・

 

ですから、できればクレジットカードは事業用と個人用で分けておいたほうが経理処理は楽だと思います。

 

クレジットカードによる支払いを受けた場合

 

商品を売り上げた際に、購入者がクレジットカードで支払手続きをした場合は次のような仕訳をします。

 

15000円の商品を販売した際に、購入者がクレジットカードで代金を支払った。尚、信販会社への決済手数料は3%とする。

 

日時借方金額貸方金額
売上日クレジット売掛金14,550売上15,000
支払手数料450
入金日普通預金14,550クレジット売掛金14,550

 

クレジット払いで商品を売り上げた場合は、売掛金ではなくクレジット売掛金の勘定科目を使用して仕訳をします。

 

また、信販会社に対する手数料については、支払手数料の勘定科目で処理をして、販売した時点で費用計上します。

 

まとめ

 

クレジットカードの仕訳は、現金主義と発生主義で処理が異なります。

 

事業用カードで個人用の買い物をした場合は、事業主貸の勘定科目で仕訳します。

 

個人用カードで事業用の支払いをした場合は、事業主借で処理します。

 

経理処理を楽にするために、できればクレジットカードは事業用と個人用を分けて使用しましょう。

 

おすすめクレジットカード特徴
SBS Executive Business Card
優待サービスが充実。助成金申請が着手金0円で利用できたり、求人掲載も完全無料で利用可能です。
三井住友ビジネスカード for Owners
謄本・決算書不要の個人事業主向けのクレジットカード。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードビジネスの効率化、節約にもなるステイタスカード。個人事業主も利用可能です。
マネーフォワードビジネスVISAカードマネーフォワードクラウドバリューパック(確定申告・請求書・経費・給与・マイナンバー)を3ヶ月無料で使えるクーポンが貰えます。

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。