「事業主借」と「事業主貸」の使い方や仕訳例について

 
 
 
事業主貸と事業主借は、個人事業主独特の勘定科目です。
 
 
 
正しく会計処理をする上で、この2つの勘定科目の使い方を押さえておく必要があります。
 
 
 
この記事では、事業主貸と事業主借の勘定科目の仕訳例や決算時の相殺についてご説明しています。
 
 
 
※2017年3月26日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年3月10日に再度公開しました。
 
 
 
 

個人事業主特有の勘定科目

 
 
 
「事業主貸」と「事業主借」の勘定科目は、個人事業主特有のものです。
 
 
 
通常、会社の場合は法人という法律によって作られたものが主体となり事業を行っています。
 
 
 
一方で、個人事業主の場合は法人ではなく人が事業を行っています。
 
 
 
ですから個人事業主の会計処理をする場合は、事業に関係するものとプライベート分のお金について区別する必要があります。
 
 
 

事業主貸とは、生活費などのプライベートな支出や事業主個人の税金などを支払う際に使用する勘定科目です。

 

事業とプライベートで使用する分が、一緒になっているものについては按分計算」によって個人で使った分と事業で使った分を計算した上で、必要な会計上の処理を行う必要があります。

 

事業主借とは、個人のお金を事業用口座に入金したり、事業用の資金から支払うべきものを個人のお金で立て替え払いをした場合に使用する勘定科目です。

 
 

事業主貸の仕訳例

 

●自宅兼事務所の電気代5000円が、事業用口座から引き落とされた(事業割合は40% )

 

借方金額貸方金額摘要
水道光熱費 2,000普通預金5,000電気代(◯月分)
事業主貸  3,000
 
 
 
 

●事業主の所得税8万円を、現金で納付した。

 

借方金額貸方金額
事業主貸 80,000現金80,000
 
 
 
税金には、経費になるものとならないものがあります。所得税は経費にできません。
 
 
それで、租税公課ではなく事業主貸の勘定科目で処理します。
 
 
 
 

事業主借の仕訳例

 

 

●事務所用の複合機を2万円で購入し、プライベート用のクレジットカードで支払った。

 

借方金額貸方金額摘要
消耗品費 20,000事業主借20,000複合機
 
 
 
 

●事業用の口座に個人のお金10万円を預け入れた。

 

借方金額貸方金額
普通預金 100,000事業主借100,000
 
 
 

期末時の相殺処理について

 

貸借対照表に表示されている「事業主貸」と「事業主借」の期末時の相殺処理についてです。
 
 
この数字については、「事業主貸」と「事業主借」の合計金額の逆仕訳を切って差額を元入金に振り替えます。
 
 
期末時点で「事業主貸」20万・「事業主借」30万だった場合
 
 
日付借方金額貸方金額
12月31日事業主借300,000事業主貸200,000
元入金100,000
 
 
期末時点で「事業主貸」50万・「事業主借」35万だった場合
 
 
日付借方金額貸方金額
12月31日事業主借350,000事業主貸500,000
元入金150,000
 
 
 

会計処理の手間を少なくする

 

「事業主貸」と「事業主借」の仕訳が多くなると、その分会計処理に余分な手間がかかることになります。

 

会計処理に余分な手間をかけない一つの方法は、銀行口座やクレジットカードなどを事業用と個人用に分けることです。

 
例えば、事業用のクレジットカードで個人の買い物をすると「事業主貸」で仕訳する必要がありますし、個人のクレジットカードで事業に関係するものを購入した場合は「事業主借」で仕訳する必要があります。
 
 

ですから、少しでも会計処理を楽にするために、できれば事業用と個人用に分けて使用しましょう。

 

おすすめクレジットカード特徴
SBS Executive Business Card
優待サービスが充実。助成金申請が着手金0円で利用できたり、求人掲載も完全無料で利用可能です。
三井住友ビジネスカード for Owners
謄本・決算書不要の個人事業主向けのクレジットカード。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードビジネスの効率化、節約にもなるステイタスカード。個人事業主も利用可能です。
マネーフォワードビジネスVISAカードマネーフォワードクラウドバリューパック(確定申告・請求書・経費・給与・マイナンバー)を3ヶ月無料で使えるクーポンが貰えます。

 

まとめ

 
 

●事業主貸は、生活費などのプライベートの支出を処理する勘定科目です。

 

●事業主借は、個人のお金を事業用口座に入金したり、個人のお金で事業に使用する物を購入した場合に使用する勘定科目です。

 

●期末時に貸借対照表の「事業主貸」と「事業主借」の合計金額の逆仕訳を切って差額を元入金に振り替えることで相殺処理を行います。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。