現金の勘定科目について|現金の種類・会計処理・仕訳例|

 

この記事では、簿記上の現金の種類や仕訳例についてご説明しています。

 

※2017年5月8日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年4月25日に再度公開しました。

 

現金の種類

 

現金と言って最初に思い浮かぶのは、恐らく紙幣や硬貨などではないでしょうか?

 

当然ですが、紙幣や硬貨は現金として処理します。

 

ただし、簿記では現金として扱うものが紙幣や硬貨以外にも多くあります。

 

代表的なものをいくつかご紹介します。

 

他人振出小切手・送金小切手

 

小切手は現金に変わる支払い方法の1つで、振出人が受取人に対してお金の支払いを約束した証券です。

 

尚、振り出すとは小切手に金額等を記入して相手に渡すことです。

 

他人振出小切手とは、他の人が振り出した小切手のことです。

 

送金小切手とは、銀行が振り出す小切手のことです。

 

郵便為替証書

 

郵便為替証書とは、取引先にお金を送る際に郵便局から発行される証書です。

 

配当金領収証

 

配当金領収証は株式の配当金引換証です。

 

期限到来後の公社債利札

 

期限到来後の公社債利札とは、資金調達のために発行される債権の利札で支払期限が到来したものです。

 

このように、紙幣や硬貨以外でもすぐに換金することができるようなものを通貨代用証券といい、簿記上の取引では現金として扱われることになります。

 

現金の会計処理

 

現金は資産に属する勘定科目です。

 

ですから会計処理の際、現金が増加した場合は借方に記入し、減少した場合は貸方に記入します。

 

もし、資産に属する勘定科目とか借方や貸方という表現がよく分からない場合は、次の記事を読んでいただくと簿記の基本が理解できます。

 

関連記事:簿記の基本的な仕組みや主な勘定科目を理解しよう

 

仕訳例

 

A商店はB商店から2000円分の商品を仕入、代金を現金で支払った。

 

借方金額貸方金額
仕入2,000現金2,000

 

●A商店はC商店に商品2500円を売り上げ、代金はC商店振出の小切手で受け取った。

 

借方金額貸方金額
現金2,500 売上2,500

 

A商店は商品を売り上げた際、C商店振り出しの小切手(他人振出小切手)を受け取りました。

 

他人振出小切手は、現金で処理する必要がありますので、借方に現金の勘定科目で資産の増加として処理します。

 

●〇〇株式会社の社債の利札5000円の利払期日が到来した。

 

借方金額貸方金額
現金5,000有価証券利息5,000

 

支払期限が到来した社債の利札も現金で仕訳します。

 

また、貸方は有価証券利息という収益の勘定科目で処理します。

 

まとめ

 

簿記では紙幣や硬貨以外にも、すぐに換金できる通貨代用証券は現金として扱います。

 

現金は資産の勘定科目です。

 

現金が増加した場合は借方に、減少した場合は貸方に記入します。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。