【確定申告】所得税を計算する流れと節税のポイント

 

当サイトでは、個人事業主やフリーランスの方に役立つ、会計処理や確定申告などの情報発信をしています。

 

初めて確定申告をする、個人事業主やフリーランスの方にも理解していただけるように、節税のポイントや確定申告の準備に役立つ情報をできるだけ分かりやすくご説明しています。

 

確定申告が初めての場合は、以下の内容を一通り確認していただければと思います。

 

また確定申告の経験がある方でも、参考になる情報があると思いますので必要な項目をご覧ください。

 

確定申告とは

 

 

確定申告とは、1月1日~12月31日までの1年間に所得があった人が、自分で所得税を計算して申告、納税する一連の手続きのことです。

 

収入に応じて税金を支払うのは国民の義務ですが、認められている経費や控除を活用せずに不必要に多くの税金を支払う必要はありません。

 

しかし経費や控除の詳しい内容を知らずに、結果として多くの税金を支払っているケースは多いです。

 

ですから所得税の計算の流れや節税のポイント把握して、少しでも支払う税金を少なくしましょう。

 

所得税を計算する流れ

 

個人事業主やフリーランスの方が、所得税の計算をする流れは下記の通りです。

 

  1. 収入から経費を差し引いて所得金額を計算する
  2. 所得金額から所得控除を差し引いて課税所得を計算する
  3. 課税所得に基づき所得税額を計算する
  4. 所得税額から税額控除を差し引く
  5. 復興特別所得税を計算する
  6. 所得税額と復興特別所得税の合計金額を3月15日までに申告して納付する

 

節税のポイント

 

 

経費や控除を漏れなく計上する

 

1~6の流れで所得税を計算しますが、節税のポイントは収入や所得から差し引けるものをできるだけ多く計上することです。

 

  • 収入から差し引けるもの・・必要経費
  • 所得から差し引けるもの・・所得控除
  • 所得税から差し引けるもの・・税額控除

 

ですから必要経費にできるものや控除できるものについて、確認しておくことをお勧め致します。

 

詳細は下記の記事でご説明していますので、参考にしていただければと思います。

 

参考記事:【確定申告】個人事業主の節税ポイント|2020年(平成31年・令和元年分)

 

青色申告の特別控除を利用する

 

また現在の収入にもよりますが、青色申告と白色申告のどちらで確定申告をするかによっても、節税効果に大きな違いが生じます。

 

青色申告には特別控除として、所得から10万円もしくは65万円を差し引くことができます。

 

白色申告には上記のような特別控除はありませんので、青色申告の方が節税効果が高くなります。

 

ですから青色申告と白色申告の違いを確認しておくことも、おすすめしたいと思います。

 

参考記事:【確定申告】青色申告と白色申告の違い

参考記事:【確定申告】青色申告と白色申告で税金はどのくらい違う?【3つの例で比較】

 

青色申告に変更したい場合は、手続きや要件について把握しておく必要があります。

 

下記の記事が参考になると思いますので、ご確認下さい。

 

参考記事:【申請期限】青色申告を始めるにはいつまでに申請する必要がある?

参考記事:65万円の青色申告特別控除の要件と控除額を維持するための条件

 

65万円の経費が認められる特例を活用する

 

「家内労働者等の必要経費の特例」が適用できれば、経費が65万円まで認められます。

 

この特例を利用できるのは、家内労働者等に該当する方です。

 

経費計上できる金額が限られている方は、ご自身が該当するかを確認していただきたいと思います。

 

参考記事:家内労働者等の必要経費の特例とは|変更点・具体例・間違っていた場合

参考記事:「家内労働者等の特例」の書き方|計算書・決算書・確定申告書

 

確定申告の注意点

 

確定申告の期限や手続きについて確認したい内容があれば、下記の記事も参考にして下さい。

 

参考記事:確定申告書の提出方法と注意点について

参考記事:【重要】確定申告すべき人が手続きをしないとどうなる?

 

クラウド会計ソフトで効率化

 

 

会計処理や確定申告の準備の手間を削減するのに役立つのが会計ソフトです。

 

会計ソフトを利用すれば、銀行口座やクレジットカードのデータを自動で取り込んでくれるので、会計処理にかける時間を削減できます。

 

申告に必要な書類も簡単に作成できるので、確定申告の準備も楽になります。

 

出典:MM総研 クラウド会計ソフトの利用状況調査(2019年3月末)

 

下記は個人事業主に人気のクラウド会計ソフトで、全て無料でお試しができます。

 

クラウド会計ソフトの使い勝手を試してみませんか?

 

クラウド会計ソフト特徴
やよいの白色申告/青色申告 オンライン事業者の約2人に1人が利用する会計ソフト。白色申告は永年無料、青色申告も初年度無料で全ての機能が使えます。白色申告オンラインの詳細はこちらの記事をご覧ください。青色申告オンラインの口コミや登録手順はこちらで確認できます。
マネーフォワードクラウド確定申告年の仕訳件数が50件以下の場合は、無料で利用できます。操作性に優れていて簿記の知識がある方にお勧め。マネーフォワードクラウド確定申告の口コミや登録手順はこちらの記事で確認できます。
freee複式簿記の知識がなくても65万円の青色申告特別控除を受けたい方にお勧め。スマホでも使えます。freeeの口コミや登録手順はこちらの記事をご覧ください。