運営者情報

 

運営者のささぶねです。

 

零細個人事業主としてこれまで長年働いてきましたが、青色申告を始めたことがきっかけで簿記や税金の勉強をするようになり、日商簿記2級やFP2級・AFPの資格を取得しました。

 

お金の知識が少しずつ増えていくにつれて、自分の生活が改善されていくのを実感しました。

 

これまで掛けていた保険を見直したり、支払っていた税金などの金額を減らすことができるようになったからです。

 

しかし、将来のお金の不安に対処するためには、収入を増やす努力も必要だと感じるようになりました。

 

そこで、メインの事業収入以外で副収入を得たいという思いから、当ブログを立ち上げました。

 

ただ、ほぼ知識0の状態でワードプレスを使ってサイトを立ち上げたので、最初はかなり苦労しました。

 

数週間かけて、ようやく記事作成ができる状態にまでなりましたが、2~3日に1記事のペースで書いても最初の数カ月はほとんどアクセスがありませんでした。

 

その後、少しずつPV数は増えましたが、それでも月に200~400PV程度でブログからの収入は約1年ほどありませんでした。

 

その期間中に「ブログで収入を得るなんて無理だ」、「自分が有益な情報を発信できるとは思えない」、「資格の勉強をしたほうが良いのでは?」などと葛藤し、何度もブログをやめようと思いました。

 

完全にブログ運営に関して、マイナス思考に陥っていました。

 

そんな時期に、現在の”ささぶね”というハンドルネームをつけました。

 

この”ささぶね”という名前は、ミスチルの歌詞からとったものです。

 

私は、ミスチル好きでこれまでアルバムは全て購入しています。

 

(an imitation) blood orangeというアルバムの最後の曲(祈り ~涙の軌道 )に次のようなフレーズがあります。

 

”透き通る流れに笹舟のような祈りを浮かべればいい”

 

このフレーズを最初に聞いたとき、子供の頃に笹舟を作って川に流した経験を思い出しました。

 

私は小学生の頃、毎年夏休みに祖父母の家に行くのが楽しみでした。

 

祖父母の家は川沿いにあり、その川で泳いだり祖父と魚を取ったりしていました。

 

その川で、笹舟を作って流したことがありました。

 

子供心に、沈まずに流れていくようにとの願いを込めて、笹舟を川に浮かべていました。

 

沈まずに流れていく笹船の様子を、嬉しく眺めていたことを覚えています。

 

昭和の古き良き時代の思い出です。

 

その後、時代は平成から令和へと変わり、その間にインターネットが発達して世の中は情報化社会になりました。

 

ネット上には情報が溢れており、情報量は日々増え続けています。

 

そんな中で、個人が立ち上げるブログなんて、笹船のようにちっぽけで心もとない存在です。

 

実際に個人がブログを始めても、1年以内に約9割の人がやめるそうです。

 

※ブログ・やめるで検索してみて下さい。

 

9割という数字が正確かどうかは分かりませんが、私の肌感覚でも続けることが大変だということは分かります。

 

特にワードプレスでブログを始めると、数ヶ月は殆どアクセスすらありませんし、多少アクセスが集まるようになっても収入が得られるようになるには、さらに時間がかかります。

 

それが現状ですけど、インターネットの世界の片隅に浮かんでいるこのブログが、いつか多くの人に気付いてもらえるようにとの願いを込めて”ささぶね”というハンドルネームをつけました。

 

2016年12月から始めた当ブログですが、運営から4年目に入った今では毎月のPV数は15000~20000程度にまで増加しています。

 

ブログを始めた当初からすると、信じられないくらい多くの人に見てもらえるようになり、私の願いは叶いました。

 

拙い文章ですが、引き続き個人事業主の方に役立つ内容をメインに、情報発信していきたいと思っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。