売上高の勘定科目を使用する際の注意点と仕訳の例

 

この記事では、売上高の勘定科目を使用する際のポイントや注意点、仕訳の例をご紹介したいと思います。

 

売上高について

 

売上高とは、商品を販売したりサービスの提供などの事業活動により得られる収入のことです。

このような本業以外で得られた収入については、雑収入という勘定科目を使って仕訳します。

 

売上のタイミングについて

 

売上として計上するタイミングについては、業種によって売上の計上基準が異なります。

 

小売業などの場合

 

小売業などの商品を販売する事業の場合は、3つの販売の認識基準があります。

 

発送基準 

出荷した際に売上を計上します。また、輸出に関しては、商品が税関を通って船積みされた時点で売上を計上する船積基準というものがあります。

引渡基準  

相手に引き渡した時に売上を計上します。

検収基準  

相手が検収を終了した時に売上を計上します。

 

上記の基準を継続して行なうなら、どの基準を採用しても良いことになっています。

確実に売上を計上する点では、検収基準がいいですが問題点もあります。

例えば、まれに経営不振の会社が検収を長期間しないといったことがあり、商品を販売した側が売上を計上できない場合があります。

経営不振の会社からしてみれば、検収をすれば商品を受け入れることになり同時に債務を抱えることになるからです。

一方で、商品を販売する側からすれば、相手側が検収をしてくれないと長期間売上を計上できないことになり、金融機関からの貸し渋りや貸し剥がしのリスクが生じることにもなりかねません。

上記の例は、滅多にないケースかも知れませんが、それぞれ売上の認識基準にはメリットとデメリットがあることを念頭においてどの基準を採用するかを決定できます。

 

サービス業の場合

 

サービス業の場合は、役務の提供つまりサービスの提供が完了することで売上を計上します。

 

建設業の場合

 

建設業に関しては、請け負った工事が完成して、建物の引渡しが完了することで売上を計上する工事完成基準と、工事の進捗に応じて売上を計上していく工事進行基準があります。

 

売上高から控除するものとしないもの

 

この点に関しては、簿記の勉強をするに当たって当初随分苦労しました。表現が似ているだけでも混乱するのですが、同じ逆仕訳でも意味合いが違ったり、逆仕訳ではなくて別の勘定科目を使って仕訳しないといけないものもありますのでご注意下さい。

 

売上戻り

商品のサイズやスペック等が、注文した内容と異なっていた場合などに商品が返品されることです。

この場合は、返品分を逆仕訳することになります。つまり、売上を取り消す仕訳をしないといけません。

その処理によって、販売益+売上原価が減額されることになります。

 

売上値引

品質不良や欠陥等により、代金の一部が免除されることです。

値引されたものは、アウトレットなどで正規品より多少安く販売されたりします。

値引した場合も、その分を逆仕訳しますが、売上戻りと違って利益だけを修正することになります。

販売益の減額であって原価には変化はありません。

 

売上割戻し 

リベートなどと表現したりしますが、大量取引などによる支払いの一部免除です。

大量購入してくれる相手に対するキックバックを意味します。

大手の家電量販店などが、こうした取引で商品を安く大量に仕入れたりします。

売上値引と同様に、逆仕訳をして販売益だけを減額します。

 

売上割引  

売上割引は早期決済に伴う売上代金の一部控除です。

ただし、上記の3つとは違って売上高からは控除しません。

この場合は、売上割引(営業外費用)の勘定科目を使って仕訳することになります。

売上割引は支払利息と似ています。

取引先から、期限よりも早く代金を支払ってもらえるなら、資金繰りの苦しい会社はその間新たに金融機関などからお金を借りずにすむ場合もあります。

仮に借金していたとすれば金利が上乗せされますが、早期に代金を支払ってもらうことでその分が浮くことになります。

そこで、早期決済から支払期限までの期間に相当する金利部分については、借りた場合にかかったであろう利息部分の一部を売上割引に充てるような形となります。

支払う側も、割引を受けられるわけですから、お互いにメリットがあると言えます。

 

売上高を使用した仕訳の例

 

商品を5万円で販売し現金を受け取った。

借方金額貸方金額摘要
現金50,000売上高50,000商品売上

 

掛取引により販売していた商品について、そのうちの一部の商品に傷があるとのクレームを受け3万円を値引きした。

借方金額貸方金額摘要
売上高30,000売掛金30,000売上値引

 

取引先が5%の割引を受けられる条件で早期決済を行った。掛取引で販売した商品10万円について5%割引分を引いた金額が当座預金に振り込まれた。

借方金額貸方金額摘要
当座預金95,000売掛金100,000売掛金の回収
売上割引5,000早期決済(5%)

 

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。