未払費用の勘定科目を使用する際の注意点と仕訳の例

未払費用の勘定科目について、わかりやすくご説明していきたいと思います。

 

未払費用とは

 

未払費用とは、経過勘定項目のうちの一つで、継続的にサービスを受けていて、まだ支払いがなされていない料金を費用計上する際に使用する勘定科目です。

サービスの提供をすでに受けているのであれば、それに対応して費用も発生していると考えます。

例えば、お金を支払うのは来期だとしても、実際に費用が生じているのは当期というように考えて簿記上の処理を行います。当期の損益計算に含めて、最終的に貸借対照表の負債の部に計上されることになります。

 

消費税区分

 

消費税の対象外です。

 

仕訳例

 

決算をまたぐため、翌月払いの今月分家賃120,000円については未払費用として計上した。

借方金額貸方金額
地代家賃120,000未払費用120,000

 

翌月に、家賃120,000円を現金で支払った。

借方金額貸方金額
未払費用120,000現金120,000

 

注意点について

 

未払費用と間違いやすいものに、未払金という勘定科目があります。

どちらもまだ支払いが行われていないという点で共通していますが、2つの勘定科目の違いはサービスの提供が継続的かどうかです。

未払費用については、継続的な役務の提供を受けている支払いのうち、まだ代金は支払っておらず、支払日も来ていないものを処理するときに使用します。

一例としては下記のような未払の費用です。

  • 水道光熱費
  • 給料賃金
  • 保険料
  • 支払利息
  • 地代家賃

 

未払金は、継続した取引を行わない、商品や材料以外の未払の費用です。一例としては下記のようなものがあります。

  • 消耗品費
  • 広告宣伝費
  • 固定資産

 

未払金の注意点や仕訳については、下記の記事をご覧ください。

未払金の勘定科目を使用する際の注意点や仕訳について

 

まとめ

 

未払費用は、継続的な役務の提供を受けていて、まだ支払日が来ておらず支払いも行われていない費用を処理する勘定科目です。

65万円の青色申告特別控除を受けるためには、このような簿記上の処理を行う必要があります。

 

個人事業主の会計処理を行なうのに簿記の知識があった方が良いのですが、簿記を体系的に学ぶ時間が限られていたり、会計処理は面倒だからできるだけ楽したい場合にお勧めなのが、私も利用しているクラウド会計ソフトです。
 
 
白色申告か青色申告かに関わらず、これまで会計処理でエクセルやインストール型の会計ソフトなどを利用している場合、クラウド会計ソフトに変更することで処理の時間が大幅に削減できる可能性があります。
 
 
白色申告で確定申告をするのにお勧めなのは、ずっと無料で利用できるやよいの白色申告 オンラインです。
 
 
青色申告で確定申告をするのにお勧めなのは、利用条件が合えばずっと無料で利用可能なMFクラウド確定申告です。
 
 
 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。