仕入の勘定科目を使用する際の注意点と仕訳例

 

仕入れについて

 

仕入の勘定科目は、販売目的で商品などを購入した際に使用します。

仕入の勘定科目を使用するのは、「三分法」で処理する場合です。

簿記の試験などで、「分記法」で処理するようにと指示された場合は、仕入の勘定科目ではなく商品の勘定科目を使って仕訳をします。

詳しくは、別の記事でご説明していますので、よければご確認下さい。

個人事業主が使用する商品売買の勘定科目と仕訳について

 

消費税について

 

消費税については、課税の対象です。

ただし、土地を購入した場合など、一部の取引に関しては非課税となるケースがありますので注意が必要です。

 

 

注意点について

 

仕入計上のタイミング

 

仕入計上のタイミングについては主に次の2つです。

どちらの基準で処理するとしても、毎期継続的に同じ処理を行う必要があります。

 

引渡基準

 

注文していた商品が到着した日に、仕入れとして計上します。

 

検収基準

 

到着した商品を検収した日に、仕入れとして計上します。

 

付随費用の処理

 

付随費用とは、商品を仕入れる際にかかる、商品代金以外の費用です。

商品を運ぶ際にかかる、運送料や保険料などが関係しますが、これらの費用については、仕入に含めて処理します。

 

仕入から控除する場合

 

仕入値引

 

仕入れた商品の一部が不良品であったり、破損していた場合などに、値引きを受けることがあり、その際は仕入れから控除します。

 

仕入戻し

 

仕入れた商品の一部が不良品であったり、破損していた場合に、取引先に返品した際も仕入れから控除します。

 

仕入割戻し(リベート)

仕入れの代金や数量が一定の水準を超えて、多額もしくは多量になった場合に、代金の一部を仕入先から戻してもらう際も仕入代金から控除します。

 

仕入から控除しない場合

 

仕入割引

 

仕入割引とは、支払期限よりも前に代金を支払った場合などに、仕入先から受ける割引金額を処理する勘定科目です。

仕入割引に関しては、仕入値引、返品、割戻しなどと違って、仕入から控除しませんのでご注意下さい。

 

仕訳例

 

●取引先から、掛けで商品を18万円分仕入れた。尚、その際にかかった運送料2万円は現金で支払った。

借方金額貸方金額
仕入200,000買掛金180,000
現金20,000

 

●商品の内、一部破損していたので5000円値引きしてもらった。

借方金額貸方金額
買掛金5,000仕入5,000

 

●17万5000円分の買掛金を、期限前に支払うことにしたので、5000円の割引を受け本日決済した。

借方金額貸方金額
買掛金175,000当座預金170,000
仕入割引5,000

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。