当座預金の勘定科目と仕訳例について

 

この記事では、日商簿記3級の範囲の当座預金の仕組みや仕訳の例などをご紹介します。

 

当座預金について

 

当座預金とは、企業や個人事業主などが利用する手形や小切手による決済を行なうための預金です。

 

普通預金や定期預金との違い

 

●利息はつきません。

●金融機関が破綻した場合全額が保護されます。

●当座借越という一時的な借り入れが可能です。(これについては後ほど詳しくご説明致します)

 

当座預金を用いた仕訳

 

A商店は当座取引契約を結んでいる銀行に現金5万円を預け入れた。

借方金額貸方金額
当座預金50000現金50000

当座預金も現金も資産の勘定科目ですが、手持ちの現金という資産が減少するので貸方に、当座預金が増加するので借方に同じ金額を記入します。

 

A商店はB商店に対する買掛金の支払いとして小切手3万円を振り出した。

借方金額貸方金額
買掛金30000当座預金30000

B商店は受け取った小切手を銀行に持っていけばいつでも現金を受け取ることが可能です。本来は、現金を受け取ることによってA商店の当座預金はその金額分減少することになります。ただし、仕訳では小切手を振り出した時点で、当座預金が引き出されたものとみなして貸方に当座預金の減少分を記入します。

 

A商店はC商店に商品5000円を売り上げた。代金はC商店振り出しの小切手で受け取った。

借方金額貸方金額
現金5000売上5000

C商店振り出しの小切手を受け取った例です。上記の考え方と一緒で小切手を受け取った時点で、現金を受け取ったとみなして現金処理をします。このように他人が振り出した小切手のことを他人振出小切手といいます。

 

A商店はD商店に対する売掛金1万円を以前当店が振り出していた小切手で受け取った。

借方金額貸方金額
当座預金10000売掛金10000

小切手を受け取ったということで現金で処理してしまいそうですが、この場合は当座預金で処理します。レアなケースですがこの場合の小切手は当店振り出し、つまり以前自分で振り出した小切手を受け取った事になります。以前振り出したときには貸方を当座預金の減少として仕訳をしていますので、その逆の処理をする必要があるからです。このような小切手のことを自己振出小切手と言います。

 

当座借越について

 

本来、当座預金残高を超えたお金を引き出すことはできません。しかし、銀行と当座借越契約を結んでおけば一定額まで残高を超えたお金を引き出すことができます。平たく言えば借金ですね。利息もかかります。ただし、当座借越契約を結んでおくことには大きな利点があります。

当座預金については、不渡りと言って仮に残高不足で取引ができない状況が6ヵ月以内に2度生じると当座預金を利用できなくなるので手形や小切手の決済ができなくなってしまいます。取引手段が限られてしまうことは事業を続ける上で不便なだけでなく倒産のリスクも生じます。

そこで、銀行と当座借越契約を結んでおけばそのようなリスクを避けることが出来るわけです。

 

仕訳について

 

二勘定制

二勘定制とは、当座預金と当座借越の2つの勘定科目を使って処理する方法です。当座借越は借金ですから負債の勘定科目になります。

A商店はB商店の買掛金2万4000円を小切手を振り出して支払った。尚、当座預金の残高は1万5000円で取引銀行とは借越限度額が3万円の当座借越契約をしている。

借方金額貸方金額
買掛金24000当座預金15000
当座借越9000

残高を超えて引き出した場合は、最初に当座預金の残高を減らしてそれでも足りない金額を当座借越勘定で処理します。

A商店は当座預金口座に現金2万円を預け入れた。尚、当座借越の残高が9000円残っている。

借方金額貸方金額
当座借越9000現金20000
当座預金11000

この例のように、当座借越の残高が残っている場合は、最初に当座借越の残高を支払った後、残りの金額を当座預金として処理します。当座借越という負債が減少したので借方に記入して、当座預金という資産が増えたので借方、現金という資産が減ったので貸方に記入します。このあたりの仕組みがいまいちわからない場合は、「簿記を勉強したい方必見!簿記の基本的な仕組みや勘定科目の一覧をまとめました。」の記事が参考になるかと思いますのでご覧ください。

 

一勘定制

一勘定制とは、当座預金のお金の預け入れや引き出しを当座という勘定科目だけで処理する方法です。二勘定制で考えた仕訳を一勘定制で表すと下記のようになります。

借方金額貸方金額
買掛金24000当座24000
借方金額貸方金額
当座20000現金20000

 

まとめ

 

当座預金の小切手の処理

他人振出小切手現金で処理
自己振出小切手当座預金で処理

 

当座預金の仕訳で使う勘定科目

 

二勘定制
当座預金・当座借越

 

一勘定制
当座

 

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。