個人事業主に役立つ日商簿記3級の知識。約束手形の仕組みや処理に関して

 

この記事では、日商簿記3級の範囲の手形の仕組みや処理の仕方について見ていきます。

 

約束手形とは

 

約束手形とはいつまでに幾ら支払うといったお金の受け取りや支払いに関する約束を記載した証券のことです。

約束手形は支払期日を2~3ヶ月後に設定することが出来るので、当座の資金繰りが苦しいときなど支払いを先に伸ばすことができるといったメリットがあります。

一方で、約束手形を受け取る側も、その手形を支払いに当てることが出来ますし、銀行で現金化することも可能ですから資金繰りに苦慮する状況を避けることができます。

 

約束手形を振り出した場合

 

約束手形を振り出すと言うことは、後日手形に記載された金額を支払う必要があります。このように代金の支払い義務が生じる約束手形のことを支払手形といい負債の勘定科目となります。また、約束手形を振り出した人のことを振出人と言います。

A商店はB商店から商品3000円分を仕入れた際、代金については支払手形を振り出した。

借方金額貸方金額
仕入3000支払手形3000

支払手形は後からお金を払う約束をすることですから負債の増加となり貸方に記入します。

B商店に振り出した手形が満期を迎え、当座預金から3000円が引き落とされた。

借方金額貸方金額
支払手形3000当座預金3000

決済されることで支払い義務がなくなるので、負債の減少となり借方に支払手形と金額を記入します。

 

約束手形を受け取った場合

 

約束手形を受け取るということは、後に代金を受け取ることが出来る権利を得ることになります。このような約束手形は受取手形といって資産の勘定科目となります。約束手形を受け取った人のことを受取人もしくは名宛人と言います。

先ほどの仕訳ではA商店の立場で考えましたが、次は先ほどの取引をB商店の立場から考えて仕訳してみたいと思います。

A商店はB商店から商品3000円分を仕入れた際、代金については支払手形を振り出した。

これは先ほどの問題ですが、B商店からすればA商店に商品を売り上げたことになり、代金を約束手形で受け取った事になります。よって、B商店の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
受取手形3000売上3000

B商店からすれば約束手形を受け取ったので資産の増加となり借方に受取手形と金額を記入します。

手形が決済された際の仕訳は次の通りです。

借方金額貸方金額
当座預金3000受取手形3000

借方、貸方両方とも資産の増減を表しています。手形が決済されて当座預金の金額が増加するので借方に記載し、その分受取手形が減少するので貸方にその金額と共に記載することになります。

 

手形の裏書譲渡について

 

記事の冒頭部分で、手形を支払いに当てることができると説明しましたが、そのことを手形の裏書譲渡と言って持っている手形の裏側に名前や日付を記入した上で、取引先に渡すことにより仕入れ代金や買掛金の支払いに当てることができます

B商店は、C商店から商品3000円を仕入れた際、A商店から受け取っていた約束手形を裏書譲渡した。

借方金額貸方金額
仕入3000受取手形3000

約束手形を振り出した場合は貸方は支払手形となるのですが、この例は持っていた約束手形を裏書譲渡しています。この手形はA商店に商品を売り上げた際に受け取ったもので決済を待たずに支払いに当てています。このようなケースでは一旦受け取った受取手形が減少した形になるので貸方に受取手形(資産)の減少として記入します。

 

手形の割引きについて

 

約束手形は、支払期日を待たずに銀行で買い取ってもらうことが可能です。このことを手形の割引きと言います。これにより決済日をまたずに手形を現金化できるため、資金が必要なときには便利な反面、手形の割引きには利息や手数料などの割引料がかかることから受け取る金額は手形の金額よりも少なくなります。

C商店は裏書譲渡された約束手形を銀行で割り引き、割引料150円を差し引いた残額を当座預金に預け入れた。

借方金額貸方金額
当座預金2850受取手形3000
手形売却損150

割引料については手形売却損(費用)の勘定科目を使って仕訳をします。

 

まとめ

 

約束手形を振り出した場合は支払手形(負債)の勘定科目で処理します。

約束手形を受け取った場合は受取手形(資産)の勘定科目で処理します。

手形の裏書譲渡や手形の割引きの際の仕訳に注意しましょう。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。