個人事業主が使用する商品売買の勘定科目と仕訳について

 

この記事では、個人事業主に役立つ日商簿記3級の商品売買の基礎知識についてご説明したいと思います。

 

三分法

 

三分法とは、商品の仕入に関する仕訳を行なう際に、仕入、売上、繰越商品の3つの勘定科目で処理する方法です。日商簿記3級では、大半が三分法の形式で問題が出されます。3つの勘定科目を使って処理するので三分法と考えれば覚えやすいと思います。

三分法の勘定科目
仕入(費用)・売上(収益)・繰越商品(資産)

 

尚、繰越商品の勘定科目については、決算整理の手続きの際に必要となる科目です。決算整理とは当期の利益や資産の状態を正確に表すために必要な処理のことです。

ですから、この記事では仕入と売上の勘定科目を使った仕訳についてご説明します。

1つの例題から商品を仕入れる側と、商品を売り上げる側の両方の立場で仕訳を考えてみたいと思います。

A商店がB商店から5,000円の商品を仕入れ現金で支払った。

この取引についてA商店とB商店それぞれの側の仕訳について考えてみます。

A商店側の仕訳 
借方 仕入5000貸方 現金5000

三分法の場合は、商品を仕入れた時に仕入で仕訳をします。儲けを得るために仕入れてくる商品は費用となり費用が増加するので借方に記入することになります。

B商店側の仕訳 
借方 現金5000貸方 売上5000

三分法では、商品を売り上げた時には売上で仕訳をします。売上は収益の勘定科目で収益の増加分は貸方に記入します。

A商店がB商店から仕入れた商品をCさんに6000円で売って現金を受け取った。

この時にA商店の仕訳は下記の通りです。

Cさんへの売上 
借方 現金6000貸方 売上6000

A商店はB商店から仕入れた商品に利益を乗せて6,000円で販売しています。仕入れたときは仕入原価の5,000円で処理していますが、売上のときは利益部分(1,000円)が加えられた金額6,000円で処理します。

三分法では、仕入で処理する時には仕入原価の金額を記入しますが、売上の時には利益分を上乗せした金額を記入します。当期の売上についてはその処理を続けて決算の時に合計の利益を計算することになります。

 

分記法

 

商品の仕入の処理として、三分法以外にも分記法という仕訳の方法があります。分記法とは商品を仕入れたり売り上げた時の商品の増減を商品の勘定科目で処理する方法です。

また、三分法との大きな違いは三分法では売上時に利益を加えた金額を記入しましたが、分記法では売上時に仕入原価といって商品を仕入れた金額で処理します。

利益の部分は、商品売買益という勘定科目で処理することになります。

 

分記法の勘定科目
商品(資産)・商品売買益(収益)

 

三分法で考えたA商店の取引を分記法を使って仕訳すると下記のようになります。

A商店がB商店から5,000円の商品を仕入れ現金で支払った。

A商店側の仕訳 
借方 商品5000貸方 現金5000

三分法では仕入の勘定科目で処理しましたが、分記法では商品の勘定科目を使って処理します。

A商店がB商店から仕入れた商品をCさんに6000円で売って現金を受け取った。

Cさんへの売上 
借方 現金6000貸方 商品5000
貸方 商品売買益1000

分記法では売上の際、商品の勘定科目を使って仕入原価で処理するとともに、売上の度に商品売買益の勘定科目を使って利益部分の金額を記入することになります。

このように、同じ取引でも三分法か分記法かで仕訳の仕方が違いますのでそれぞれの方法を抑えておきましょう。

 

掛取引

 

掛取引とは、例えば頻繁に取引する仕入れ先などに対しては、その都度現金で支払うことは処理が煩雑になる事もあり、そのような場合に一定期間にかかった金額を後からまとめて支払うケースもあります。そのような取引を掛取引といい、商品を仕入れる際に掛取引を行ったなら、仕入れる側は後からお金を支払う必要がありその義務のことを買掛金といいます。

逆に、商品を売り上げる際に掛取引を行ったなら、売り上げる側は後からお金を受け取ることができることになりその権利のことを売掛金といいます。

 

掛取引の勘定科目
買掛金(負債)・売掛金(資産)

 

三分法で考えた、A商店とB商店の取引を現金でなく掛取引で行った場合の仕訳を考えてみます。

A商店がB商店から5,000円の商品を仕入れ代金は掛けとした。

A商店側の仕訳 
借方 仕入5000貸方 買掛金5000

商品を仕入れた際に、掛取引を行ったなら後に代金を支払う義務が発生する、つまり負債が増加することになり貸方に買掛金という負債の勘定科目を使用して仕訳を行います。

B商店側の仕訳 
借方 売掛金5000貸方 売上5000

一方で、商品を売り上げた際に、掛取引を行ったなら後に代金を受け取ることのできる権利が発生しますから、資産が増加することになり借方に売掛金という資産の勘定科目を使用して仕訳を行うことになります。

 

返品

 

注文した商品と違う商品が送られてきた場合は、返品処理をしなければいけません。一旦仕入れた商品を返品することを仕入戻しといい、売り上げた商品が返品されることを売上戻りといいます。

仕訳の処理としては、仕入も売上も返品分の処理に関しては、仕入や売上の反対仕訳を行います。

A商店がB商店から5,000円の商品を仕入れ現金で支払った。その後、一部品違いのものが送られてきていることが分かり、その仕入分(300円)を返品した。

A商店側の仕訳 
借方 仕入5000貸方 現金5000
A商店側の仕訳 
借方 現金300貸方 仕入300

 

B商店側の仕訳 
借方 現金5000貸方 売上5000
B商店側の仕訳 
借方 売上300貸方 現金300

このように仕入れた側のA商店も、売り上げた側のB商店も、それぞれ逆仕訳を行って返品分の仕入、売上を取り消すことになります。

 

値引き

 

仕入れた商品の一部が汚れていたり傷があったりした場合、売り物にならないほどではなくてもその分値段を下げて販売しなければ行けないことも考えられます。そのような場合に、仕入れにかかった金額をまけてもらうことがありそのことを仕入値引きといいます。

反対に、売り上げた商品の金額を下げることを売上値引きといいます。この時も返品処理と同様に値引き分の仕入、売上を取り消すことになり逆仕訳を行います。

A商店がB商店から5,000円の商品を仕入れ現金で支払った。その後、一部商品に傷があることが分かりその仕入分(100円)を値引きしてもらった。

A商店側の仕訳 
借方 仕入5000貸方 現金5000
A商店側の仕訳 
借方 現金100貸方 仕入100

 

B商店側の仕訳 
借方 現金5000貸方 売上5000
B商店側の仕訳 
借方 売上100貸方 現金100

このように、値引きの場合も処理の仕方に関しては返品処理と同じなのですが商品を購入先に返品することはしません。この点が、返品と値引きの違う部分です。

 

諸掛り

 

諸掛りとは、商品を仕入れたり売り上げた時に運送会社に対して支払う、運賃や保険料などの費用のことです。

諸掛りの処理に関する仕入れ時と売り上げ時の違いは、仕入れの場合は商品の仕入原価に含めて処理をするのに対し、売上の場合は発送費という費用の勘定科目を使って仕訳をすることになります。この違いは覚えておきましょう。

実際に仕訳の例をご覧ください。

A商店はB商店から5,000円の商品を仕入れ代金は掛けとした。また、仕入れの際にかかった当店負担の引取運賃200円を現金で支払った。

A商店側の仕訳 
借方 仕入5200貸方 買掛金5000
貸方 現金200

このように仕入れ時にかかった当店負担の引取運賃は仕入の勘定科目に含めて処理をします。

B商店はA商店に5,000円の商品を売り上げ代金は掛けとした。また、その際にかかった当店負担の発送運賃200円を現金で支払った。

B商店側の仕訳 
借方 売掛金5000貸方 売上5000
借方 発送費200貸方 現金200

売上の際にかかった当店負担の引取運賃については発送費の勘定科目を使って仕訳します。

 

まとめ

 

商品売買の仕訳に関するルールや注意点を考えました。下記の内容を思い出せますか?

三分法と分記法の違い。

掛取引に使用する勘定科目。

返品と値引きの処理の仕方。

仕入、売上の際の諸掛りの処理の違い。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。