仮払金とは?65万の青色申告特別控除を受けるために複式簿記を理解しよう!

青色申告65万の特別控除を受けるには複式簿記による記帳が必要です。今回の記事では、仮払金の勘定科目を使う際の注意点や仕訳の例をいくつかご紹介します。

 

仮払金とは

 

仮払金とは費用を支出する際に金額がまだ確定していない場合に使用する勘定科目です。仕訳を切る際の摘要欄には以下のような情報を記載します。

 

摘要欄
交通費・旅費・出張経費・交際費・接待費など

 

一時的に概算で支払われた金額に対しては仮払金の勘定科目を用います。文字通り仮に使用する勘定ということになります。ですから、後日費用の金額が明らかになった場合には、精算時に必要な仕訳を切ることによって一連の取引を終えます。

 

仮払金を用いる際の注意点

 

仮払金と混同しやすい勘定科目としては、取引が発生する前に事前に支払いをする際に使用する前払金との使い分けに関して注意が必要です。2つの勘定科目の用い方の違いとして抑えておきたい点としては、例えば従業員などに対して概算の費用を支払う際に使用するようなケース、つまり会社内でのやり取りの際に使用するのが仮払金の勘定科目です。

一方で、前払金に関しては取引先などの外部との取引に使用するという違いがあります。この点を押さえとくと混乱しなくてすむと思います。

また、仮払金を使って仕訳する場合、その時点で取引の内容がよくわからないといったときに、とりあえず仮払金で処理することがありえますが、時間が経つほど実際の取引内容を確認するのが困難になるケースが少なくありませんので、早めに費用の詳細を把握して正しい処理を行うようにしましょう。

 

仮払金を用いた仕訳の例

 

従業員の出張の際に5万円を仮払いした。後日、精算手続きをしたところ実際にかかった費用は3万円だった。

 

仮払いした時

借方貸方
仮払金 50,000現金 50,000

 

精算した時

借方貸方
旅費交通費 30,000仮払金 50,000
 現金   20,000

 

この例は、最初に支払った仮払金よりも実際の費用が少なかったケースです。従業員が出張から返って来て精算するときは貸方に仮払金の勘定科目を記載することで、仮払いした時の仕訳を打ち消すと共に借方に実際の費用と払戻された現金の金額を記載することになります。

 

従業員の交通費代として2万円を概算払いした。しかし精算時に実際の交通費は3万円であることが明らかになり、不足分は従業員が立て替えていたことがわかった。

 

仮払いした時

借方貸方
仮払金 20,000 現金 20,000

 

精算した時

借方貸方
交通費 30,000仮払金 20,000
 現金 10,000

 

今回の例は仮払金よりも実際の費用の方が多くなったケースです。この場合も仮払金を打ち消す仕訳を切ることは先ほどと同様ですが、従業員が建て替えていた現金の不足分を貸方に記載して不足分の現金を支払う処理をすることになります。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。