確定申告のポイント!売上と所得の違いを理解すれば節税効果はUPします

 

 

個人で事業を行っている方であれば顧客に対して商品を売ったり、サービスを提供することによって売上が発生します。
 
 
私は以前、売上と所得は同じと思っていましたが、実際は売上から事業を行う上でかかった必要経費を差し引いた後に残る金額が所得となります。
 
 
税金は所得に応じて計算されることになります。
 
 
ですから、経費を多く計上することができるならその分、所得の額を低く抑えることができ節税に繋がります
 
 
この記事では必要経費を増やして節税効果を高める点で意識しておきたい事を幾つか考えてみたいと思います。
 
 
 
 

必要経費を増やすために意識しておきたいこと

 
 
 
 

領収書はきちんと保管しておきましょう

 
 
個人事業主の中には事業用のクレジットカードを持っておられる方もいると思います。
 
 
クレジットカードで事業に関係するものを購入した場合は、まとめて明細書などで確認できますので便利ですが、事業に関係するものを購入する際に現金で支払うこともあると思います。
 
 
この支払に関してはきちんと領収証を保管しておくようにしてください。
 
 
その際、なんの支払いだったのかがわからなくなるといけませんから、領収書では確認できない場合はなんの費用だったのかを簡単に書いておくなら確定申告の準備の際に助けになると思います。
 
 
中には交通費など領収書が発行されない場合もありますが、その時は出金伝票などで代用できます。
 
 
日付や金額、支払先や支払内容を忘れずに記載しておきましょう。
 
 

10万円未満の費用であれば一括で経費にできます

 

 
 
耐用年数が1年未満、購入価格が10万円未満であればその年の費用として一括で経費にすることができます。
 
 
10万円以上の備品などについては減価償却が必要となります。
 
 
減価償却が必要となった場合は耐用年数に応じて償却して費用計上していくことになります。
 
 
特に、その年の売り上げが多かった場合などは一括で経費を計上できるようなお金の使い方をすることで所得の額を低く抑える工夫ができます。
 
 

併用しているものがあれば按分しましょう

 
 
自宅を使って仕事行っている方であればこの点を意識することも所得を抑える点で大切です。
 
 
 
例えば、自宅でパソコンを使って仕事をしている場合、家賃や電気代や通信費などの一部は仕事で使っていることになりますから、その分を計算した上で費用計上することができます。
 
 
自宅は仕事で使用している部屋との配分を考えて床面積などで按分して経費として計上することができます。
 
 
電気代や通信費などは使用割合などを考慮して按分計算できます。
 
 
自家用車を使って仕事をしている方であればガソリン代や車の維持にかかる費用を按分して経費として計上できます。
 
 

青色申告を検討しましょう

 
 
節税効果を検討する上で外すことができないのは青色申告です。
 
 
通常の申告(白色申告)よりも節税効果が期待できます
 
 
青色申告に関しては複式簿記による帳簿付けを行う必要がありますが、そのように帳簿付けを行って最終的に青色申告決算書を作成して税務署に提出することで65万円の青色申告特別控除を受けることができます
 
 
青色申告には、この65万円の特別控除と簡易簿記による記帳によって10万円の特別控除を受けることも可能ですが、節税効果を考えれば65万の特別控除を受けられるようにした方が節税効果は大きくなります。
 
 
売上から必要経費を差し引いてさらに65万円の特別控除を差し引くことができるので所得が圧縮され節税効果が大きくなるわけです。
 
 
複式簿記で記帳しないといけないというとハードルが高く感じるかもしれませんが、今では便利なソフトやサービスがいくつもあります。
 
 
私の場合は1年目の青色申告からソフトを導入していますのでその便利さを実感していますが、知り合いの個人事業主の場合は簿記の知識を多少持っていましたので1年目は複式簿記で実際に帳簿付けを行っていました。
 
 
しかし、決算時期になると数日間はその準備のために本当に大変だったと話していました。
 
 
それでその友人も2年目以降は青色申告のソフトを導入していました。
 
 
多少の費用がかかっても65万円の特別控除を受けることができれば費用よりも節税効果の方が大きくなりますし時間もより有効に使うことも可能です。
 
 
 

最後に

 
 
 
税金・節税の分野に関する知識は幅広く奥が深いですから私も引き続き勉強を続けていきたいと思っています。
 
 
これまでいくらかの節税に関する勉強を続けてきて思ったことは、基本的な知識を少し知っているだけですがそれでも毎年支払う税金の金額が大きく違ってくるということです。
 
 
お金に関する知識は本当に重要だと思いますし今後も学びのための時間を大切にしていきたいと思っています。 
 
 
 
 

まとめ

 
 
 
売上から必要経費を差し引いた所得に対して税金がかかります。
 
 
必要経費を増やすための工夫を行えば節税効果につながります。
 
 
領収書はきちんと保管しておくことや費用按分すること青色申告を検討することなどによって所得の額を抑えましょう。
 
 
 
 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。