必要経費のポイント!通信費を計上する際の注意点と仕訳の例

 

 

必要経費として経費計上できるものとして通信費を挙げることができます。
 
 
この記事では通信費として処理することができるものやその際の注意点、そして仕訳の例をご紹介したいと思います。
 
 
 

通信費とは

 
 
 
通信費に含めることができるものとしては、まずスマートフォンや携帯電話や固定電話の利用料金等が挙げられます。
 
 
他にも、はがきや切手、ゆうパックや宅配便、速達料金や書留料金、またこうしたサイトを作る際に必要なインターネット料金、独自ドメインやレンタルサーバなどの使用料もこの勘定科目で処理します。
 
 

通信費を計上する際の注意点とは

 
 
 
 
通信費を計上する際に注意すべき点としていくつかご紹介します。
 
 
事業用とプライベート用が明確に分かれていれば問題がないのですが、事業とプライベート両方で使用している場合は事業で使用している金額を合理的に按分計算する必要があります。
 
 
そして事業で使用している分を通信費勘定で処理します。
 
 
毎月継続して同じ処理を行うことを条件として、口座からの振替日を経費計上のタイミングとすることが可能です。
 
 
はがきや切手などについても通信費として処理することになります。
 
 
はがきや切手などは、ある程度まとめて購入するケースも多いと思いますが、その際は購入した時点の金額を必要経費として処理することになります。
 
 
期中にに全てを使用するならば問題ないですが、期末時点で未使用分が残っている場合があります。
 
 
そうした場合は通信費として処理していたものを貯蔵品勘定へ振り替える必要がありますので注意が必要です。
 
 
また、間違いやすい物としては切手と収入印紙を上げることができます。
 
 
ご説明したとおり切手に関しては通信費として処理を行うわけですが、収入印紙に関しては租税公課という勘定科目を用いて経費計上します。
 
 
さらに、荷造運賃費との違いも押さえておく必要があります。
 
 
通信費には宅配便やゆうパックなどを含めることができますが、荷造運賃費に関しても同様のものを費用計上できます。
 
 
この2つの勘定科目の使い分けの際に意識しておく必要があるのは、発送する物が何かによってそれぞれの勘定科目を使い分ける必要があると言う点です。
 
 
発送する物が「商品」であれば商品の発送に伴う運賃費は荷造運賃費を用いて仕訳を行います。
 
 
一方で書類などの「情報」を相手方に送る場合は通信費として仕訳を行い必要経費として計上する必要があります。
 
 

通信費に関する仕訳の例

 
 
 

●インターネット利用料金8000円(仕事で使用する割合は60%とする)を事業用のクレジットカードで支払った。

 
 
借方金額
貸方金額
通信費4,800未払金8,000
事業主貸3,200
 
 
 
この例の場合は仕事で使用する割合が60%ですから、8000円×0.6=4800円を通信費として処理し、プライベート分の3200円は事業主貸の勘定科目で処理します。
 
 
なお口座引き落としではなく事業用のクレジットカードで支払っているので、いったん未払金で処理して翌月に事業用の口座から引き落としがあった場合には下記の処理を行います。
 
 
借方金額貸方金額
未払金8,000普通預金8,000
 
 
 

●切手代3000円と収入印紙代5000円の合計8000円を現金で支払った。

  
 
借方金額貸方金額
通信費 3,000現金8,000
租税公課5,000
 
 
 
この仕訳の例では、切手代と収入印紙代をまとめて現金で払っていますが、通信費勘定だけで処理してしまいそうな事例です。
 
 
切手代は通信費で処理しますが、収入印紙代は租税公課勘定で処理を行います。
 
 
間違えやすい点ですのでご注意ください。
 
 
なお、この記事の仕訳の例は個人事業主を前提としていますのでご了承ください。
 
 

 

まとめ

 
 
 
通信費には電話やインターネット料金、切手やはがき、運送費などが含まれます。
 
 
按分計算して事業に関して利用している分を必要経費として計上します。
 
 
収入印紙は租税公課、商品の発送にかかった運送費は荷造運賃費で処理します。
 
 
 
 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。