【働き方】個人事業主が副業でパートをすると保険料が相当お得になる

 

自営業者の中には、国民健康保険料や国民年金が高くて困ると感じている方も多いのではないでしょうか?

 

自営業者の場合、保険料は全額自己負担ですが、会社員が加入している健康保険や厚生年金は会社が半分払ってくれます。

 

しかも、健康保険や厚生年金のほうが保証が充実、貰える年金額も多いですからかなりの不公平感を感じるかも知れませんね。

 

ところが、個人事業主やフリーランスなどの自営業者の方でも、パートやアルバイトをしていれば保険料がお得になるかも知れません。

 

自営業者もパートやバイトをしているケースが多い?

 

今回、この内容について記事を書こうと思ったのは、個人事業主やフリーランスなどの自営業者の方で、パートやアルバイトなどの仕事を副業としている方が意外と多いのではないかと感じたからです。

 

そう思ったのは、以前書いた下記の記事に安定してアクセスがあるからです。

 

参考記事:個人事業主(自営業)がパートやアルバイト収入を得た場合の仕訳と確定申告

 

ですから、自営業を行う傍らパートやバイトで生活費を稼ぐといった、ダブルワークを行っている人が多いのではと想像しました。

 

もし上記の働き方を検討していたり、実際に現在そうした働き方をしているのであれば、これからご説明する内容を確認していただきたいと思います。

 

自営業者が健康保険や厚生年金に加入できる条件について

 

パートやバイトをしている場合、一定の条件を満たすことで健康保険や厚生年金に加入することができます。

 

これは、自営業者が副業としてパートやバイトをする場合も当てはまります。

 

その条件は次の通りです。

 

  • 働いている会社の従業員数が501名以上(厚生年金の被保険者数)
  • 1週間の所定労働時間が20時間以上
  • 賃金月額が月88,000円以上(年収106万円以上)
  • 勤務期間が1年以上と見込まれる
  • 学生でない

 

自営業者が副業でパートやバイトをしていれば、上記の条件を満たすことで健康保険や厚生年金に加入することができます。

 

健康保険や厚生年金に加入できれば、国民健康保険や国民年金を支払う必要がありません。

 

先程もふれましたが、健康保険や厚生年金は会社が半分負担してくれます。

 

さらに、お得なのはそれだけではありません。

 

実は、自営業の収入とパートやアルバイト収入がある場合、健康保険や厚生年金の社会保険料はパートやバイトで得られる収入のみで計算します。

 

仮に、個人事業主やフリーランスの方が収入を増やしたいと思い、パートの副業を始めて月10万円の収入を得ているとします。

 

そして、本業の事業所得は月40万円あるとします。

 

この場合、月40万円の事業所得は保険料の計算には反映されません。

 

ですから、この例の場合は月10万円の給与収入によって保険料が計算されます。

 

例えば、東京在住のフリーランスの方が上記の収入を得ている場合、保険料は次のようになります。

 

健康保険料(9.9%、11.63%)

 

介護保険第2号被保険者に該当しない場合(9.9%)

 

  • 全額・・9,702円
  • 折半額・・4,851円

 

介護保険第2号被保険者に該当する場合(11.63%)

 

  • 全額・・11,397.4円
  • 折半額・・5,698.7円

 

厚生年金保険料(18.3%)

 

  • 全額・・17,934円
  • 折半額・・8,967円

 

参照:平成31年3月分(4月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表

 

給料から天引きされる金額は、折半額になりますので健康保険料と厚生年金保険料を合わせても、売上が月額40万円でパートの収入が月額10万円の場合の保険料は、14,000円~15,000円ほどしかかかりません。

 

月額40万円の事業所得は保険料の計算に含めませんので、これだけ安い保険料となるわけです。

 

仮に、パートをしないで月額40万円の事業所得だけだとすると、保険料は下記のようになります。

 

※経費を月20万、所得控除は基礎控除の38万円のみで計算。

 

  • 国民年金・・16,410円
  • 国民健康保険(青色)・・14,750円
  • 国民健康保険(白色)・・19,667円

 

※計算は弥生の個人事業主のかんたん税金計算を使用

 

あくまでも、ざっくりとした計算ですが、パートをせずに月額40万円の事業所得のみだと青色申告で約31,000円、白色申告で約36,000円の保険料がかかります。

 

月10万円のパート収入を増やした方が、保険料は安くなるという結果になるんです。

 

しかも、半額以下ですよ・・

 

年間では20万円~25万円くらいは保険料が安くなる、しかも個人事業主でも保証の手厚い健康保険に加入することができます。

 

ですから、現在自営業とパートのダブルワークをしていたり、これから副業でパートやバイトをしようと考えているなら、社会保険に加入できる働き方ができないか検討してみてはいかがでしょうか?

 

税金はどうなるか?

 

ただし、事業所得に加えてパートの収入が増えるということは、税金も増えることになります。

 

では、どのくらい税金が増えるのかも合わせて確認しておきましょう。

 

先程の、月額40万円の事業所得を得ているフリーランスの例(経費は月20万・所得控除は38万のみ)で計算すると次のようになります。

 

  • 青色申告の所得税・・70,000円
  • 白色申告の所得税・・107,000円

 

次に、このフリーランスの方が月40万円の事業所得に加えて、月10万のパート収入を得た場合の税金を確認して見ましょう。

 

※他の条件は全て同じとします。

 

  • 青色申告の所得税・・111,500円
  • 白色申告の所得税・・176,500円

 

青色申告か白色申告かで差がありますけど、所得税だけで比較すると4万円~7万円くらい税金が増えることになります。

 

住民税も多少増えるので、実際は上記の金額だけではありません。

 

それでも、税金が増える分を考慮しても年間10万円~15万くらいは支出が減る計算になります。

 

しかも、収入は120万円増えるわけですからね。

 

ざっくりとした計算ではありますが、収入は増えるのに保険料は大幅に減るわけですから、少なくともお得な働き方であることは間違いありません。

 

※この記事の保険料、税金の計算はあくまで概算ですのでご了承下さい。

 

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。