確定申告で化粧品を経費にすることはできる?

 

個人事業主であれば、経費にできるものは全て計上して、節税したいと思いますよね。

 

しかし、経費にできるのかどうかについては、判断が難しいと感じることは少なくありません。

 

今回の記事では、化粧品を必要経費にできるかどうかを取り上げています。

 

経費にできる基準を確認しておけば、化粧品を経費にできるかどうかを判断するのに役立ちます。

 

経費の考え方

 

化粧品に限らず、経費にできるかどうかを考える際には、次の点を考慮する必要があります。

 

その支出は、仕事をする上で必要なものかどうか?

 

仕事をする上で、必要な支出であることを、きちんと説明することができるなら、化粧品についても経費とすることが可能です。

 

ただし、注意しないといけない点としては、仕事とプライベートの両方で使用しているものについては、全額を経費とすることはできません。

 

仕事で使用した分だけを経費とする必要があります。

 

このように、仕事とプライベートの使用割合を計算することを按分と言います。

 

経費にできる職業は?

 

化粧品を経費にできるかどうかは、仕事の内容によって変わってきます。

 

経費にできる可能性が高い職業の代表的な例をご紹介します。

 

芸能人

 

タレントやモデルなどの職業の方は、見た目が仕事に大きな影響を与えますので、化粧品代を経費にできるでしょう。

 

ホステスやキャバ嬢

 

ホステスやキャバ嬢も、自分自身を売りにする仕事ですので、化粧品代を経費にすることが可能です。

 

注意点について

 

今取り上げた職業の方であれば、化粧品を必要経費にできる可能性は高いです。   

 

上記の職業以外でも、経費として認めてもらえる可能性はあります。

 

しかし、経費とすることが可能でも、どのくらいの割合で経費として認めてもらえるかについては、はっきりとした結論を出すことはできません

 

例えば、仕事とプライベートの両方で化粧品を使っている場合。

 

このケースでは、先程ご説明したように、按分計算する必要があります。

 

しかし、化粧品といっても種類はさまざまです。

 

口紅やアイシャドー、ファンデーションなどの一つ一つの割合を計算するとなると、かなり面倒な作業になりますし、正確に使用割合を計算することは難しいです。

 

化粧品を経費とすることを考えるなら、最初から仕事とプライベート用に分けて、化粧品を購入する方が計算はしやすいでしょう。

 

ただし、細かい点ですが、仕事で使用していても、使った化粧品の効果が、仕事の後も持続する場合は全額経費とすることはできないと判断される可能性があります

 

どれくらい経費として認められるかについては、対応する税務署の人によっても、変わってくる場合もあるので、はっきりと結論を出せないのが正直なところです。

 

 

最後に

 

経費の考え方のところでも取り上げましたが、まずはご自身で、その支出は、仕事をする上で必要なものかどうか?という点を、はっきりと説明できるかどうかを考慮してみましょう。

 

合理的な説明ができれば、経費として計上することができます。

 

会計処理する際は、消耗品費などの勘定科目を使用します。

 

ただし、合理的に説明するといっても簡単なことではないですよね。

 

どうしても、ご自身で判断ができない場合は、税金の専門家である税理士に相談することも、選択肢として検討してみるのは如何でしょうか?

 

多少の費用がかかったとしても、具体的なアドバイスを受けたり、見逃していた他の節税ポイントを教えてもらったりすれば、今後の確定申告にも役立つかも知れませんよ。

 

税理士紹介サービス特徴
税理士エージェント登録されている税理士は全て税理士エージェントの面談(経験・知識・人柄)に合格しています。
税理士紹介ネットワーク
柔軟・迅速・丁寧な対応をしてくれる税理士紹介サイトです。成約祝い金が贈呈されます。
税理士ドットコム年中無休で24時間受付に対応しています。ニーズ・業種・使用中の会計ソフトなどから最適な税理士を選択できます。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。