【経費】駐車場代の勘定科目や仕訳について

 

この記事では、駐車場代の会計処理についてご説明しています。

 

駐車場代の勘定科目

 

駐車場代には、下記の項目によって使用する勘定科目が変わります。

 

  • 月極駐車場
  • 時間貸し駐車場

 

月極駐車場

 

事業用車両の駐車場として、月極駐車場を利用している場合、その駐車場代は全額経費とすることができます。

 

使用する勘定科目は、地代家賃や賃借料です。

 

時間貸し駐車場(コインパーキング)

 

仕事で、時間貸し駐車場(コインパーキング)を利用した際は、その料金を経費計上することが出来ます。

 

時間貸し駐車場(コインパーキング)の料金については、旅費交通費や車両費などの勘定科目を使って仕訳します。

 

駐車場代の仕訳例

 

月極駐車場

 

●月極駐車場の代金5000円が口座から引き落とされた。

 

借方金額貸方金額
地代家賃5,000普通預金5,000

 

時間貸し駐車場(コインパーキング)

 

●仕事でコインパーキングを利用して、代金300円を現金で支払った。

 

借方金額貸方金額
旅費交通費300現金300

 

駐車場代を計上する際の注意点

 

車をプライベートでも使用する場合

 

もし、車を事業だけではなくプライベートでも利用する場合、月極駐車場の料金を全額経費として計上することはできません。

 

事業とプライベートの使用割合を按分計算した上で、仕事で使う分だけを経費として計上します。

 

仮に、月極駐車場の料金が5000円だとすると、事業割合(事業6・プライベート4)に基づいて下記のように仕訳を切ります。

 

借方金額貸方金額
地代家賃3,000普通預金5,000
事業主貸2,000

 

プライベート分については、事業主貸の勘定科目で仕訳します。

 

勘定科目は継続して使用する

 

基本的には、一度設定した勘定科目は継続して使用する必要があります。

 

記事の最初に、月極駐車場の料金であれば地代家賃や賃借料、コインパーキングの料金は旅費交通費や車両費などを使うことができる事をご説明しました。

 

どちらの勘定科目を選択しても問題ありませんが、継続性の原則に基づいて一度設定したら、その勘定科目を使い続ける必要があります。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。