福利厚生費の勘定科目を使用する際の注意点と仕訳の例

 
 
 
 

福利厚生費とは

 
 
 
福利厚生費とは、従業員が安心して働けるような環境作りにかける費用です。
 
 
こうした費用が従業員同士の意思疎通を図る機会となったり、勤労意欲の向上につながれば事業主にとってもメリットが大きいと言えるでしょう。
 
 
福利厚生費に含まれるものは多岐にわたりますが、一例としては次のような費用が関係します。
 
 
  • 社内でのお茶やコーヒー
  • 残業食事代
  • 健康診断や予防接種
  • 忘年会や新年会
  • 社員旅行やサークル活動
  • 社宅
  • 結婚や出産祝い金
 
 
 
 

消費税区分

 
 
課税取引
 
※ただし、結婚や出産祝い金、香典や見舞金など一部不課税取引となるものがありますのでご注意下さい。
 
 
 
 

福利厚生費の仕訳例

 
 
 
 

●従業員が全員参加の新年会を行って、代金25万円を事業用のクレジットカードで支払った。

 
 
借方金額貸方金額
福利厚生費 250,000未払金250,000
 
 
 
※クレジットカードの会計処理については次の記事で詳しくご説明していますのでご確認下さい。
 
 
 

●従業員が全員参加する2泊3日の慰安旅行代30万円を事業用の口座から支払った。

 
 
借方金額貸方金額
福利厚生費 300,000普通預金300,000
 
 
 
 
 

●従業員の家族に対して香典3万円を現金で支給した。

 
 
借方金額貸方金額
福利厚生費 30,000現金30,000
 
 
 
 

福利厚生費の注意点

 
 
 

接待交際費との違い

 
福利厚生費に含めることができる費用の中に、旅行代とか忘年会や新年会などの親睦活動などの費用も含まれています。
 
 
ですから中には、接待交際費と混同してしまう場合があるかもしれません。
 
 
福利厚生費か接待交際費かの違いは、誰に対する支払いかに注意を払うことで解決します。
 
 
福利厚生費従業員に対して支払われるものです。
 
 
一方、接待交際費は基本的には取引先との良好な関係を保つための費用です。
 
 
旅行代とか忘年会や新年会だけだと、どちらに含めていいのか迷うことがあるかも知れませんが、誰に対する支払いかに注目すれば正しい勘定科目を選ぶことができます。
 
 
 
 
 

一人で事業を行っている場合

 
 
福利厚生費は、従業員に対する費用を処理する勘定科目です。
 
 
一人で事業を行っている場合は、基本的に福利厚生費を使用することはありませんのでご注意下さい。
 
 

 
 
 
 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。