日商簿記3級でも役立ちます!資格取得のメリットと方法について

 
 
 毎回の検定試験で約10万人が受験する人気の資格が日商簿記3級です。
 
 
この記事では、簿記を学ぶことの具体的なメリットや、学ぶための方法について調べている方に少しでも参考になればと思い、私が日商簿記3級の資格を取得したきっかけや資格取得のメリット、そして資格取得のための方法について書いています。
 
 
 
 

日商簿記3級のメリット

 
 
 
 

個人事業の会計処理に役立つ

 
 
日本商工会議所の検定試験の中で、日商簿記3級のメリットが一部下記のように説明されています。

 

基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。
中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。

引用元:日本商工会議所の検定試験3級

 
私の場合は、ここに説明されているように日商簿記3級の知識があれば、個人事業の経理事務に役立つとの思いから勉強を始め日商簿記3級の資格を取得しました。
 
 
3級ですので簿記に関する初歩的な知識ではありますが、それでも自分自身の個人事業主としての経理処理にとても役立っています。
 
 
個人事業主の場合、複式簿記による記帳を行い、貸借対照表と損益計算書を作成すれば、青色申告特別控除の65万円の特別控除を受けることができます。
 
 
これが、個人事業主として働いている私にとっては、簿記の知識を学んだ最大のメリットです。
 
 
この65万円の青色申告特別控除を受けるだけで、毎年の税金がかなり安くなるので経済的に助かっています。
 
 
勿論、日商簿記3級の資格を取得しなくても、便利な会計ソフトなどを利用すれば、簿記についてあまり知らなくても青色申告に必要な申告書の作成は不可能ではありません。
 
 
ただし、簿記の基本的な知識があれば、経理処理がよりスムーズに行えるようになることは間違いありません。
 
 
特に個人事業主の方であれば、簿記3級の内容を一度体系的に学ばれるとそのメリットを実感できますよ。
 
 

就職や転職にも有利になる

 
 
ビジネスパーソンに必須の基礎知識。経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。
 
 
 
 
上記の説明の通り簿記の基礎的な知識は、経理や財務担当かどうかにかかわらず多くの企業が評価するものです。
 
 
できれば、簿記2級までは欲しいところですが、簿記の基礎的な知識を学んでおけば、就職や転職の際に役立つ可能性が高くなります。
 
 
 

 上位の資格取得を目指せる

 

日商簿記3級の勉強をすることで、簿記の基礎的な知識を習得することができますが、その知識をベースにして、さらに日商簿記2級や1級の資格取得を目指すことができます。
 
 
私は、日商簿記3級の資格を取得した後、7回も2級の試験を受けて何とか日商簿記2級の資格も取得出来ました。
 
 
 
2級のメリットについては「日商簿記2級の資格取得の3つのメリットについて」の記事にまとめています。
 
 
 
さらに、日商簿記1級や全経上級の資格を取得できれば、税理士試験の受験資格を得ることができ、更なるスキルアップや収入アップにもつながる可能性があります。
 
 

サイトを作って情報発信ができる

 
 
この点については、簿記に限ったことではないのですが、何かの知識を学び情報発信することで、その情報を知りたい人の役に立つことができます。
 
 
私にとっては、簿記が情報発信のきっかけになりました。
 
 
過去に、私自身が簿記のことを知らずに、個人事業の会計処理で分からないことを、インターネットで検索して調べるということを何度も経験しました。
 
 
その後、私も簿記についての知識を学び、こうしてサイトを立ち上げて情報発信することで、今度はほかのだれかの役に立つことができていることもメリットだと感じています。
 
 
 
   

日商簿記の学び方について

 
 
 
 
現在インターネットで学べる環境が充実してきており、学びたいと願う人にとっては良い時代になっていると思います。
 
 
テキストや参考書もわかりやすいものが多くなってきましたし、定額料金で動画を繰り返しスキマ時間に見ることで簿記を学ぶことができるようなサービスもあります。
 
 
このように教材や学びの選択肢が増えている環境の中で、どのような学び方をするかはそれぞれ勉強のために取れる時間や経済的な状況が関係してくると思います。
 
 
例えば、とにかく料金を抑えたいのであれば独学が良いと思います。
 
 
一方で、独学には勉強に費やす時間がかかるというデメリットがあります。
 
 
お金と時間のバランスの両方を考慮する方にとっては、パソコンやスマホなどで学べる通信講座を活用することがおすすめです。
 
 
 

お勧めの教材や通信講座について

 
 
 

TACのスッキリわかる日商簿記3級

 

 
独学での勉強を検討するのであれば、テキストや問題集を購入することになると思います。
 
 
その中でも「TACのスッキリわかる日商簿記3級」は評価も高くおすすめです。
 
 
このテキスト一冊の内容をきちんと理解できれば、個人事業主の経理処理はほぼ理解できるようになりますし、平成28年度以降の新出題区分にも対応していますので、日商簿記3級の試験勉強にも問題なく利用することができます。
 
 
 
日商簿記3級の試験を受けることを考えている場合は、過去問と予想問題がセットになっている「スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 」をあわせて購入すれば、この2冊で十分合格を狙えます。
 
 
 
2冊でも2,000円程度しかかかりませんので、コストパフォーマンスは最高です。

 

 
 
 
 

簿記検定ナビ

 
 「簿記検定ナビ は簿記の試験対策や試験情報、お勧めのテキストや簿記で必須の電卓などに関して具体的な情報が提供されています。
 
 
簿記をこれから学ぼうとする方にとっては、とても役立つサイトだと思います。
 
 
私もこのサイトの情報を参考にして電卓を購入しました。
 
 
他にも、簿記検定試験までのスケジュール表などが無料でダウンロードできますから、試験までの日数を考えて勉強の予定を立てるのに使わせてもらいました。
 
 
 
 
 
 

フォーサイト

 
 
簿記を学べる通信講座はいくつもありますが、特におすすめなのが「フォーサイト」です。
 
 
特に2つの理由から個人的には最もおすすめです。
 
 

合格率が高い

 
お金を出して資格試験の勉強をするからには、試験に合格することが最大の目標となります。
 
 
フォーサイトの簿記通信講座は合格率が非常に高くて、簿記2級の数字ではありますが合格者が全国平均の2.81倍となっています。
 
 
せっかく貴重な時間とお金を費やして勉強をするわけですから、合格率の高い講座を受講する方が資格取得の可能性は高まると思います。
 
 
 
 
 

テキストがフルカラーで見やすい

 
アメリカのある心理学者の実験によれば、モノクロ画像よりもカラー画像の方が記憶力が向上するとのことです。
 
 
私は、簿記ではありませんがFP2級に関してはフォーサイトの通信講座で実際に勉強して資格を取りました。
 
 
 
その時のことは「FP2級の資格取得のメリットと効果的な勉強方法について」の記事にまとめています。
 
 
 
確かに、フォーサイトのテキストは、フルカラーとなっており見やすく理解しやすい工夫がなされています。
 
 
 
「勉強が楽しくなった」との声も多く寄せられています。
 
 
 
実際、講座の総評として「満足」、「非常に満足」という評価が92.8%に及んでいることからも、利用者の満足度をうかがい知ることができます。

 

 

 

 

資格スクエア

 
資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用したオンラインの通信講座です。
 
 
2013年12月にサービス開始と比較的新しい通信講座ですが、わずか3年の間に無料会員数が28,000人を突破しており、利用者が着実に増加しています。
 
 
PCやスマホでも学べるので、自宅以外でもスキマ時間を有効に活用して講義を聴くことが可能です。
 
 
電車での移動中などに活用することもできるので、忙しい学生やサラリーマンの方でも効率よく学べます。
 
 
日商簿記3級の講座に関しては、6,480円という低価格で半年間学ぶことが可能です。
 
 
月に1,000円程度で、講義が聞き放題ですからかなりお得な料金体系となっています。
 
 
とりあえずは、無料会員登録をしてみて使い勝手を確認してみたり、資料請求してみてもいいかも知れません。
 
 
 
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
 
 
日商簿記3級の知識を学ぶことには多くのメリットがあります。
 
 
個人事業主であれば、経理処理に役立ちます。
日商簿記3級の知識をベースに上位の資格取得も可能ですし、就職や転職などにも役だちます。
 
 
独学でも通信講座でも、学ぶための選択肢はたくさんありますので、ご自身の時間や経済的な状況を考慮した上で決定して頂きたいと思います。
 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。