【経費で落ちる?】個人事業主の確定申告に役立つ項目まとめ

 

個人事業主であれば、「この費用は必要経費で落とせるの?」と疑問に感じることがあると思います。

 

「売上を上げるのに必要だったのであれば、その費用は経費にできます」と言われても、判断が難しい内容のものもあり、具体的な情報があればいいのにと思うかも知れません。

 

当サイトでは、個人事業主の方で経費にできるかどうかの疑問が多いと思われる項目を取り上げて、これまで幾つか記事にしてきました。

 

今回の記事は、その「まとめ記事」となっています。

 

状況によって、経費計上できる場合とできない場合がありますし、同じ項目でも使用する勘定科目が異なることがありますので、個人事業主やフリーランスの方の参考になれば幸いです。

 

お菓子(菓子折り)

 

お菓子(菓子折り)代を経費にできる状況や、その際の注意点についてまとめています。

 

お菓子といっても、従業員のために購入するのか、取引先に持っていくのか、自分で食べるのかなど幾つかの状況が考えられます。

 

経費にできる状況や、使用する勘定科目などを確認することができます。

 

 

ガソリン

 

ガソリン代を経費計上する際に使用する、勘定科目や按分計算について説明しています。

 

 

 

車を購入した場合の減価償却や、レンタカーを使用したり車検を受けたりした場合の会計処理について確認できます。

 

車を仕事とプライベートの両方で使用している場合は、仕事で使用している分だけを経費にします。

 

合理的な計算方法なども説明しています。

 

 

携帯電話・スマホ

 

携帯電話やスマートフォンなどにかかる料金を、経費計上する際の勘定科目や按分計算について説明しています。

 

 

慶弔金

 

慶弔金が経費になる場合とならない場合との違いや、支払ったことを証明する方法について確認できます。

 

 

化粧品

 

化粧品を経費にできる職業や、経費にする際の注意点についてまとめています。

 

 

家族への給与

 

家族への給与は、基本的に経費にはできません。しかし、一定の要件を満たすなら経費にすることができます。

 

この記事では、一定の要件について具体的に説明しています。

 

 
 
 

食事

 
 
 
食事といっても、一人でする場合や、家族、従業員、取引先の人と一緒に食事をするなどの状況が考えられます。
 
 
 
状況によって経費にできる場合とできない場合があることや、使用する勘定科目などを説明しています。
 
 
 
 
 
 
 

飲み物

 
 
 
お茶やコーヒーなどの飲み物を、経費にする際の注意点や使用する勘定科目についてまとめています。
 
 
 
 
 
 

パソコン

 
 
 
パソコンの購入金額に応じた経費計上の方法について説明しています。
 
 
 
経費計上の方法によっては、使用する勘定科目や節税効果が変わりますのでご確認下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 

美容室・理容室

 
 
 
 
美容室代や理容室代を、経費にできる職業や状況についてまとめています。
 
 
 
 
 
 
 
 

勉強・資格

 
 
 
個人事業主の勉強代や資格取得にかかる費用を、経費にすることができるかどうかを説明しています。
 
 
 
 
 
 
 
 

本・雑誌

 
 
 
 
本や雑誌を経費計上できる状況や、使用する勘定科目や仕訳についてまとめています。
 
 
 
 
 
 
 
 

予防接種

 

インフルエンザなどの予防接種が、必要経費になる状況や使用する勘定科目について説明しています。

 

 
 
 
 

まとめ

 

●経費にできるかどうかの判断は、「売上を上げるのに必要だったかどうか」で判断します。

●経費計上の際は、プライベート分を含めないようにご注意下さい。

●どうしてもご自身で判断がつかない場合は、税理士や税務署に確認しましょう。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。