お菓子(菓子折り)代が経費となる状況や勘定科目について

この記事では、お菓子代を必要経費にできる状況や、その際にどの勘定科目を使うことができるのかをご説明したいと思います。

状況によっては、使用する勘定科目が変わりますし、そもそも必要経費にできない場合もありますので、内容を確認していただきたいと思います。

 

必要経費にできる状況

 

得意先に持参した

菓子折りを得意先に持参する場合は、必要経費として計上することができます。

その際は、接待交際費の勘定科目を使用して次のように仕訳します。

仕訳例  

接待交際費 3,000 / 現金 3,000

接待交際費の仕訳や注意点に関して、詳しく調べたい場合は下記の記事をご覧ください。

接待交際費の勘定科目を使用する際の注意点と仕訳の例

 

従業員のために購入した

従業員が、休憩時間などに食べられるように購入したお菓子代も必要経費とすることができます。

この場合は、福利厚生費の勘定科目を使用して仕訳します。

仕訳例  

福利厚生費 3,000 / 現金 3,000

福利厚生費については、下記の記事で詳しくご説明しています。

福利厚生費の勘定科目を使用する際の注意点と仕訳の例

 

会議のために準備した

会議のために準備したお菓子代も必要経費になります。

会議費の勘定科目で仕訳しましょう。

仕訳例  

会議費 3,000 / 現金 3,000

会議費の仕訳や注意点に関しては、下記の記事で詳細を確認することができます。

会議費の勘定科目を使用する際の注意点や仕訳の例について

 

必要経費にできない状況

 

自分が食べるために購入した

自分が食べるために、購入したお菓子代は必要経費とすることはできません。

例えば、「ガムを噛みながら作業したほうが、頭が冴えて仕事の効率が上がるんです!」などと主張しても必要経費として認めてもらうことはできないでしょう。

自分が食べるためだけのお菓子代は、原則経費にできないとお考え下さい。

 

注意点について

 

記録を残す

購入したお菓子代を確認できるように領収書やレシートは残しておきましょう。

ただし、後から自分が食べるために購入したものだったか、事業に関係するものだったのかが、わからなくなることもあります。

自分が食べるために購入したお菓子代を必要経費としてしまうことがないように、領収書やレシートには取引先や相手のの名前などを余白部分に記入しておきましょう。

また、レシートなどに個人の買い物分が混ざってしまうこともありますが、事業用か個人用かの違いがわかるようにしておきましょう。

規則はありませんので、例えば事業用の分だけ赤ペンで印をつけておいたり、個人用の分だけ余白に項目を記載したりして、事業用か個人用かの違いがわかるようにしておけば問題ありません。

地道な作業ですが、一つ一つの経費の積み重ねで節税効果を大きくしましょう。

 

他にも経費にできるのか疑問が多い項目や、確定申告の準備の際に役立つように「損益計算書の項目と書き方まとめ(経費の勘定科目一覧表付き)」の記事に必要経費に関する情報をまとめていますので、宜しければご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。