切手代を経費計上する際の勘定科目と仕訳例について

 

この記事では、切手代を経費計上する際に使用する勘定科目や仕訳例、会計処理の注意点についてまとめています。

 

勘定科目について

 

費用処理する場合

 

切手を購入したときに使用する勘定科目は、基本的には「通信費」となります。

 

個人事業主の会計処理であれば、通信費で処理をしておけば問題ないでしょう。

 

ただし購入時に費用処理をした場合は、期末時点で余っている切手代について「貯蔵品」の勘定科目を使って資産計上する必要があります。

 

資産処理する場合

 

切手を購入したときに、資産処理をする方法もあります。

 

この場合、購入時に使用する勘定科目は「貯蔵品」です。

 

最初に貯蔵品として資産処理を行った後、切手を使用するたびに「通信費」で費用処理をしていくことになります。

 

ただこの方法については、先ほど取り上げた費用処理する方法と比べると、会計処理の手続きが煩雑になってしまう場合があります。

 

次の仕訳例で確認していただきたいと思います。

 

購入時に、費用処理する場合と資産処理する場合を比較しています。

 

あとの条件は同じです。

 

仕訳例

 

切手15,000円分を現金で購入したが、期末の時点で6,000円分が未使用のまま残っていた。(費用処理の場合)

 

日時借方金額貸方金額
購入時通信費15,000現金15,000
期末時貯蔵品6,000通信費6,000
翌期首通信費6,000貯蔵品6,000

 

購入時に費用処理する場合は、最初に切手代の全額を「通信費」で計上します。

 

その後、期末時点で未使用の切手があれば、いったん資産計上して翌期首に振り戻す仕訳を切ります。

 

切手15,000円分を現金で購入したが、期末の時点で6,000円分が未使用のまま残っていた。(資産処理の場合)

 

日時借方金額貸方金額
購入時貯蔵品15,000現金15,000
使用時通信費2,000貯蔵品2,000
使用時通信費2,500貯蔵品2,500
使用時通信費1,000貯蔵品1,000
使用時通信費1,500貯蔵品1,500
使用時通信費2,000貯蔵品2,000
期末時仕訳なし

 

購入時に資産処理する場合は、最初に切手代の全額を「貯蔵品」で資産計上します。

 

そして、切手を使用する度にその都度、「通信費」で処理をします。

 

この例では、5回に分けて切手を使ったと仮定しています。

 

このように、購入時に資産処理する場合は、切手を使用する回数によっては仕訳処理が、購入時に費用処理する場合と比べて煩雑になる可能性があります。

 

費用処理と資産処理にはこのような違いがありますが、どちらの処理方法で仕訳しても期末時点の切手の未使用分である「貯蔵品」の金額は6,000円で一致します。

 

注意点

 

費用処理の場合、購入時は「通信費」で処理をして、期末に未使用分があれば「貯蔵品」へ振り替える処理をすることをご説明しました。

 

これは、必ずそうした会計処理が必要というわけではありません。

 

実務上は、切手の未使用分が極端に多いわけではなくて、通常使用する範囲内であれば期末に「貯蔵品」勘定への振替処理をせずに、当期の費用として全額を経費計上しても問題にはなりません。

 

ただし例えば、前期の期末時は未使用分を「貯蔵品」として振替処理をしたのに、当期の期末時には未使用分を資産計上せずに、未使用分も含めて全額を経費計上するといったことはできません。

 

継続性の原則に基づいて、同様の方法で会計処理を続けていく必要があるからです。

 

まとめ

 

●切手代を費用処理する場合、購入時に全額を「通信費」で仕訳します。

●切手代を資産処理する場合、購入時に全額を「貯蔵品」で仕訳します。

●会計処理は同様の方法を継続していく必要がありますので、なるべく煩雑にならない処理を選びましょう。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。