個人事業主の決算整理仕訳まとめ

 

決算時には決算整理仕訳といって、期中には行わない会計処理をいくつか行う必要があります。

 

この記事では、決算時に行う決算整理仕訳の代表的な例をご紹介しています。

 

売上原価について

 

商品の仕入れなどを行っている場合は、決算時に売上原価や期末商品棚卸高を計算する必要があります。

 

下記の記事で、計算方法や決算整理仕訳について確認できます。

 

売上原価の計算方法と決算整理仕訳について

 

未使用分の消耗品について

 

決算時に未使用の消耗品については、基本的には資産処理をする必要があります。

 

資産処理をする際の仕訳や、資産処理をしなくてもいい状況について確認できます。

 

貯蔵品の勘定科目を使用する際の注意点や仕訳例について

 

減価償却費について

 

固定資産については、決算時に減価償却によって費用計上します。

 

減価償却の計算や仕訳例については下記の記事をご覧ください。

 

減価償却費の計算方法と仕訳例について

 

貸倒引当金について

 

貸倒引当金は、債権を回収できなくなるリスクに備える際に使用する勘定科目です。

 

下記の記事では、貸倒引当金の計上基準や仕訳例についてご説明しています。

 

貸倒引当金とは?計算方法と仕訳例について

 

按分計算について

 

事業で使用する分については経費計上できますが、プライベートで使用する分については経費に含めることができません。

 

事業で使用している割合とプライベートで使用する割合とを按分計算する必要があります。

 

下記の記事では、按分できる必要経費や計算方法をご説明しています。

 

家事関連費として按分できる必要経費と計算方法について

 

現金と帳簿の数字が合わない場合

 

現金と帳簿の数字が合わない場合の処理についてご説明しています。

 

簿記上の現金の種類や現金過不足の仕訳例について