未収収益とは?仕訳例や間違いやすい勘定科目について

 

この記事では、未収収益という勘定科目の意味や仕訳例、未収収益と間違えやすい勘定科目についてご説明しています。

 

未収収益とは

 

未収収益とは、一定の契約に基づいて継続的にサービスなどの役務の提供を行なっているもので、まだ支払いを受けていない取引を処理する際に使用する勘定科目(経過勘定)です。

 

発生主義の場合は、お金を受け取ってはいなくても、当期の収入として計算する必要があるので、未収分を収益処理するために未収収益(資産)の勘定科目を使って仕訳をします。

 

この処理のことを、収益の見越しといいます。

 

決算時には、該当する取引を未収収益として処理しますが、翌期首には逆仕訳を切って振り戻す必要があります。

 

未収収益の仕訳例

 

●決算の際に、当期対応分の貸付金利息18,000円を計上した。

 

日付借方金額貸方金額
12月31日未収収益18,000受取利息18,000

 

●翌期首に、未収収益として計上していた貸付金利息18,000円について再振替仕訳を切った。

 

日付借方金額貸方金額
1月1日受取利息18,000未収収益18,000

 

●1月末に、貸付金利息18,000円が口座に振り込まれた。

 

日付借方金額貸方金額
1月31日普通預金18,000受取利息18,000

 

間違いやすい勘定科目

 

未収金

 

未収収益と違いがわかりにくい勘定科目に「未収金」があります。

 

この未収金の勘定科目は、商品以外のものを売却して後から代金を受け取る場合に使用します。

 

例えば、土地や建物、車両運搬具や備品などが当てはまります。

 

また、未収収益の場合は代金回収日が来ていないのに対して、未収金の場合は代金回収日が到来しているのに、代金を受け取っていないという違いもあります。

 

売掛金

 

未収入金との違いがわかりにくいものとしては、売掛金も考えられます。

 

この勘定科目も、後から代金を受け取る場合に使用するからです。

 

未収収益は、継続的にサービスなどの役務の提供を行なっていて、まだ支払いを受けていないものでした。

 

売掛金は、商品や製品を売り上げた際に後日支払いを受ける権利(資産)を意味する勘定科目です。

 

それぞれ、後日代金を受け取るという点では共通していますが、上記のような違いがあることを抑えておきましょう。

 

まとめ

 

●未収収益は、継続的に役務の提供を行なっていてまだ支払いを受けていないもの

●未収金は、商品以外のものを売却してまだ支払いを受けていないもの

●売掛金は、商品や製品を売り上げてまだ支払いを受けていないもの

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。