伝票の種類と書き方について

 

この記事では、取引の際に使用することのある「伝票」の種類と書き方についてまとめています。

 

伝票とは

 

伝票は取引を記入する際に使用するもので、仕訳帳の代わりとして用いることができます。

 

仕訳帳があるので伝票は必ずしも必要ではないのですが、例えば取引が順調に増えていったときに、仕訳帳だけだと一人で記帳するのが大変になる可能性があります。

 

そこで、取引ごとに記帳ができる「伝票」を利用すれば、複数人で記帳を行うことも可能となり作業を効率化できます。

 

ちなみに、取引内容を伝票に記入することを別の言い方で、起票(きひょう)と表現することもあります。

 

伝票の種類について

 

伝票は取引内容に応じて下記を使用します。

 

  • 入金伝票
  • 出金伝票
  • 振替伝票
  • 売上伝票
  • 仕入伝票

 

そして、上記のどの伝票を使うかにより「一伝票制」・「三伝票制」・「五伝票制」に分けられます。

 

一伝票制

 

一伝票制は「振替伝票」のみを使用する方法です。

 

三伝票制

 

三伝票制は「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」を使用する方法です。

 

ちなみに、日商簿記の試験では三伝票制が試験範囲となっています。

 

五伝票制

 

五伝票制は「入金伝票」「出金伝票」「振替伝票」「売上伝票」「仕入伝票」の全てを使用する方法です。

 

伝票の書き方(三伝票制)について

 

入金伝票

 

入金伝票は、仕訳の際に借方が現金となる場合に使用します。

 

つまり、現金を受け取った際の取引を記帳することになります。

 

入金伝票への記入の際は、貸方の勘定科目と金額を記入します。

 

出金伝票

 

出金伝票は、入金伝票とは逆で仕訳の際に貸方が現金となる場合に使用します。

 

現金が出ていった場合の取引を記帳します。

 

出金伝票への記入の際は、借方の勘定科目と金額を記入します。

 

振替伝票

 

振替伝票は、入金取引や出金取引に該当しない場合に使用します。

 

つまり、取引の際に現金が出てこない場合に使用する伝票です。

 

最後に

 

日商簿記の試験では、三伝票制のみが試験範囲となっていますので、その内容だけを抑えておけば問題ないはずです。

 

個人事業主やフリーランスの方であれば、実際の取引で伝票を利用すると便利なケースがあります。

 

例えば出金伝票は、領収書が貰えないような支出について記録するのに利用することができます。

 

仕事に関連している場合、自動販売機で購入する飲み物や電車やバスなどの交通費、お祝い金や香典などで現金を支出する場合など、金額の多寡を問わず出金伝票を利用できます。

 

漏れなく経費計上して節税しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。