未収入金(未収金)の勘定科目について|仕訳例・売掛金や未収収益との違い|

 

この記事では、日商簿記3級の範囲の未収入金(未収金)の処理について見ていきます。

 

未収入金について

 

商品以外のものを売って、後から代金を受け取ることができる権利については未収入金という資産の勘定科目で処理します。

 

例えば、土地や建物などを売却して後から代金を受け取る時などに使用されます。

 

仕訳例

 

A商店は土地を200万円で売却し、代金は翌月に受け取ることにした。

 

借方金額貸方金額
未収入金2,000,000土地2,000,000

 

土地の売却代金を翌月に受け取る例です。商品の売上ではありませんから、未収入金を使って仕訳します。

 

先月売却した土地の代金200万円が普通預金口座に入金された。

 

借方金額貸方金額
普通預金2,000,000未収入金2,000,000

 

普通預金口座に入金されることによって、後から代金を受け取ることのできる権利は消滅するので、貸方に未収入金をその金額と共に記入します。

 

100万円で購入した自動車を40万円で売却し、代金は月末に受け取ることにした。尚、売却した時の減価償却累計額は75万円だった。

 

借方金額貸方金額
未収入金400,000車両運搬具1,000,000
減価償却累計額750,000固定資産売却益150,000

 

この例も、商品の売上ではありませんので未収入金で処理します。

 

この例では車を売って利益がでているので固定資産売却益という収益の勘定科目で処理しますが、損失が出た場合は固定資産売却損という費用の勘定科目を使うことになります。

 

月末に車の売却代金40万円が普通預金口座に入金された。

 

借方金額貸方金額
普通預金400,000未収入金400,000

 

入金されることで後から代金を受け取ることのできる権利は消滅します。

 

よって、貸方に未収入金とその金額を記入します。

 

未収入金の注意点

 

未収入金と間違いやすい勘定科目の中に売掛金と未収収益があります。

 

売掛金との違い

 

売掛金商品を販売して後日代金を受け取る場合に使用する勘定科目です。

 

未収入金は基本的にはそれ以外の未収の代金に関して使用する勘定科目になります。

 

文章中に「~を売り上げた」と書かれていたら商品の販売だと分かるので売掛金を使用し、「~を売却した」と書かれていたら商品以外の取引だと分かるので未収入金の勘定科目を使います。

 

未収収益との違い

 

未収収益と未収入金は共に、商品販売以外の未収の代金に対して使用する勘定科目という点で共通していますが、未収収益については継続的に役務の提供を行なう際に、すでに提供した部分についての未収の代金について使用することになります。

 

例えば、家賃収入や利息などで未収の代金があれば未収収益を使って仕訳をします。

 

未収入金については、継続性はなくすでに役務の提供が完了しており、代金が未収の場合に使用することになります。

 

まとめ

 

未収入金とは、商品以外のものを売って、後から代金を受け取る場合に使用する資産の勘定科目です。

 

未収入金と間違いやすい勘定科目の中に売掛金や未収収益があります。

 

売掛金は商品を販売したときに使用し、未収収益は継続的な役務の提供の未収代金の部分に関して使用します。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。