【簿記】預り金の勘定科目や仕訳について

 

預り金とは

 

預り金とは、従業員や取引先などから預かるお金を処理する勘定科目です。

 

一例としては、下記のような取引を預り金として処理します。

 

  • 源泉所得税
  • 社会保険料
  • 住民税

 

このお金は預かっているだけで、後から納付する必要がありますので負債の勘定科目となります。

 

貸借対照表の流動負債に表示されますが、決算日の翌日から1年を越えて返済期限が到来する預り金は、固定負債となります。

 

消費税区分

 

消費税の対象外です。

 

預り金の仕訳例

 

●従業員に給与27万を支払う際、下記の預り金を差し引いて残額を振り込んだ。

 

  • 社会保険料・・20,000円
  • 源泉所得税・・15,000円
  • 住民税・・12,000円

 

借方金額貸方金額
給与手当270,000普通預金223,000
預り金(社会保険料)20,000
預り金(源泉所得税)15,000
預り金(住民税)12,000

 

預り金の勘定科目だけですと、預り金の内容が分からなくなってしまうので、補助科目を設定します。

 

●従業員から預かっていた社会保険料2万円と、会社負担分の2万円をあわせた4万円を現金で納付した。

 

借方金額貸方金額
預り金(社会保険料)20,000現金40,000
法定福利費20,000

 

会社負担分については、法定福利費の勘定科目で処理します。

 

他の勘定科目との違い

 

前受金

 

前受金は、手付金のことで商品やサービスを提供する前に、代金の一部もしくは全額の支払いを受けた際に使用する勘定科目です。

 

立替金

 

立替金は、従業員や取引先などが負担すべき費用を立て替えた場合に使用する勘定科目です。

 

一瞬、預り金との違いがわかりにくいと感じるかも知れません。

 

預り金は、事業主が先にお金を受け取って、後から支払う必要があるので負債の勘定科目でした。

 

立替金は、事業主が先にお金を支払って、後からお金を回収できる権利を意味します。

 

ですから、立替金は資産の勘定科目となります。

 

仮受金

 

仮受金は、取引内容が不明な入金を処理する勘定科目です。

 

後日、取引内容が判明すれば、適正に処理することになります。

 

基本的には、納付や返還がない取引に関して使用する所が、預り金とは異なる点です。

 

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。