これで面倒な経理処理&確定申告から解放される!便利なクラウド会計ソフトfreeeの特徴について

 

近年、利用者が増えているクラウド会計ソフトについて記事にしたいと思います。

今回はクラウド会計の中でも現時点で、最も利用者の多いクラウド会計ソフトfreeeの特徴をまとめたので参考にしていただければと思います。

 

クラウド会計ソフトfreeeとは

 

2013年3月にフリー株式会社によってリリースされた全自動のクラウド会計ソフトfreeeは、クラウド会計ソフトの中で利用者が最も多いと言われていて、2016年5月時点では70万件を超える事業所で利用されています。

2016年8月時点のクラウド会計のシェア調査によると、フリーの利用者は44%で1位となっています。 また、2016年11月時点で全国の3630の銀行やクレジットカードと連動しており、対応金融サービス数でも1位となっています。

このように多くの人から支持されているfreeeですが、その特徴とはどのようなものでしょうか?

 

クラウド会計ソフトfreeeの特徴

 

自動化によって経理処理が大幅に楽になる

これはfreeeに限らずクラウド会計の最大のメリットと言えるものだと思います。

クラウド会計ソフトfreeeを利用すれば、利用しているインターネットバンキングやクレジットカードなどの入出金に関する情報が自動で取り込まれます

さらに、現金で購入したものに関しても、領収書をスマートフォンで撮影することによって、購入金額や使用用途を自動で推測し処理してくれます

スマートフォンやタブレット専用のアプリがある用意されているので、上記のように領収書の管理から確定申告の手続きまでスマートフォンで完結させることも可能となっています。

このように場所を問わず経理処理が可能で、リアルタイムで経理情報を把握することができ確定申告の手続きまでスマートフォンでできるという便利さや手軽さがfreeeの人気の理由の一つとなっています。

 

確定申告の自動化

他の特徴としては確定申告の自動化です。確定申告に関係する幾つか質問に答えていくことで自動的にその質問内容に応じた金額を自動入力してくれます。確定申告に慣れていない方にとってはとてもありがたい機能ではないでしょうか?

クラウド会計ソフトfreeeは会計だけでなく請求書の作成や必要事項を入力するだけで郵送代行を行ってくれるという便利なサービスもあります。

ですから経理処理に関する時間や人件費を節約することができ、その分事業に必要な時間や資金を当てることも可能になるわけです。

 

常に最新の状態で利用できる

また、クラウド会計ソフトはインストール型のソフトと違って税法が改定されたとしても、最新の税法に対応したソフトを買いなおす必要がありません。その都度必要なアップデートが行われますから、常に最新の状態で利用することができることも大きな特徴です。

これはfreeeに限ったことではありませんが、クラウド会計ソフトの利点の一つだといます。

 

簿記の知識がなくても利用できる

そしてこのfreeeが他のクラウド会計ソフトと最も異なっている特徴としては、簿記の知識がなくても利用できるクラウド会計ソフトという点です。

頻繁に仕訳処理に関して本やネットで調べるとなれば、面倒にも感じますしその度に時間も取られるわけですが、その点クラウド会計ソフトのfreeeは会計の知識がない方にとっては非常にありがたいサービスだと言えると思います。

簿記や会計に関する知識を学ぶ時間的なゆとりがないと感じている事業主の方もおられると思います。 とにかく面倒な会計処理はソフトに任せて事業に専念したいという場合は、とても便利なクラウド会計ソフトだと言えます。

ただし会計や簿記についてわからなくても利用できるという部分が必ずしもメリットだとは言い切れない部分もあるので、ここではあえてメリットではなくクラウド会計ソフトfreeeの特徴と書いています。

理由としては、事業主として基本的な会計の知識やスキルは必要だと感じているからです。事業主としては迅速な経営判断や業績の現状分析などは重要だと思いますが、税理士などのアドバイスがあったとしても最終的には事業主に経営の判断が求められます。

そのためには基本的な会計の知識は不可欠だと思うのです。

freeeを利用する際に会計の知識やスキルが必要ではないということをメリットとして捉えることができるかどうかはそれぞれの考え方次第だと思います。 とにかく経理処理にかかる時間や人件費の削減に重きをおいているならば、freeeはとても便利なクラウド会計ソフトだと思います。

 

 

クラウド会計freeeの料金について

 

 

個人事業主の料金一覧スタータースタンダードプレミアム
月額980円1980円
年払い9800円19800円39800円
フリーランスや開業初年度の方など店舗(飲食・小売・理容)など複数店舗&従業員や法人成り検討など

 

 

法人向け料金一覧ライトビジネス
月額1980円3980円

 

上記のように個人事業主の場合、スタータープランの月額980円~が最も安く年払いであれば9800円と1万円をきります。

法人の場合はライトプランが月額1980円~となっています。

費用対効果は高いと思いますし、無料でお試しも出来ますので使い勝手を一度試してみられるのは如何でしょうか?

 

最後に

 

クラウド会計ソフトfreeeは会計の知識がなくても利用できますし、経理処理の手間を大幅に減らしてくれる便利なソフトですが、その反面、逆に簿記や会計の知識がある人にとっては使い勝手が良くないと言った情報も散見されます。

結局は、ご自身の状況に応じてfreeeを利用するかどうかを判断していただきたいですが、百聞は一見に如かずで、実際に体験してみたほうが確実だと思います。

無料で利用することができるのでもし自分に合わなければ、料金を支払う必要もなく解約することが可能です。

状況が許すのであれば、一度実際に試して見られることをお勧めします。

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。