荷造運賃費とは?経費計上できるものと仕訳の例

 

 

個人事業主が必要経費として計上できるものに荷造運賃費という項目があります。
 
 
この荷造運賃費として経費計上する際に含めることができるものや間違いやすい費用、仕訳の際の注意点などをこの記事ではご紹介します。
 
 
 

荷造運賃費とは

 
 
 
荷造運賃費とは商品を販売する際に、商品を梱包するのに必要な資材や発送の際に運送業者に対して支払う運送費などをこの勘定科目で処理します。
 
 
現在は多くの人がインターネットショップなどで商品を購入するようになりました。
 
 
このようにインターネット経由で商品を販売するようなショップを経営していたりする場合にはこの勘定科目を用いて費用処理する事になります。
 
 

荷造運賃費に含めることができるもの

 
 
 
荷造運賃費として処理できるものは大きく分けて2つです。
 
 
一つは梱包するのに必要な資材です。
 
 
例えばダンボール箱や発泡スチロール、ガムテープやエアキャップ、結束バンドと言った梱包に関わる資材をこの項目で処理することができます。
 
 
もう一つは運送業者に対して支払う運送費です。
 
 
宅配便やバイク便、航空便などの輸送手段を使って発送するときにかかる費用が関係します。
 
 
 

荷造運賃費として処理する際の注意点

 
 
 
荷造運賃費は商品販売に関係する場合に用いる勘定科目です。
 
 
商品を販売する以外にかかる運送費は通信費で処理することになります。
 
 
例えば書類などの情報を送る際に発生する費用は通信費で処理することになります。
 
 
また、商品販売とは逆に商品の仕入を行なう時にかかった運送費については荷造運賃費で処理するのではなく、仕入に含めて処理することになりますのでご注意下さい。
 
 
卸売業や小売業など商品を販売することが主な事業でない場合は荷造運賃費はあまり発生しないことになります。
 
 
それで年間を通じてほとんど発生せず金額的にもわずかであれば通信費として処理する場合もあるようです。
 
 

荷造運賃費に関連する仕訳の例

 
 
 
 
 
 

●商品を顧客に発送した際に運送費2500円を現金で支払った。

 
 
借方金額貸方金額
荷造運賃 2,500現金2,500
 
 
  
このように商品発送にかかわる運送費については荷造運賃を用いて仕訳を行います。
 
 
 

●商品を顧客に5万円で掛け販売した時にかかった梱包費2000円、運送保険料500円、運送費3000円を現金で支払った。

 
 
借方金額貸方金額
売掛金50,000売上50,000
荷造運賃 5,500現金5,500
 
  
 
この事例に関しては保険料がポイントとなります。
 
 
保険料については支払保険料として処理したくなるかもしれませんが、この事例では商品を発送する際の運送保険料となっています。
 
 
発送に関連する付随的な費用として梱包材や運送費と合わせて荷造運賃として処理しますのでご注意ください。
 
 
商品販売に関係のないいわゆる一般的な保険料に関しては支払保険料の勘定科目で処理を行います。
 
 
 

●1万円の商品を掛け仕入する際に1,500円の運送費を現金で支払った。

 
 
借方金額貸方金額
仕入11,500買掛金10,000
現金1,500
 
 
 
商品に関連した運送費ですので1,500円は荷造運賃で処理してしまいそうですが、仕入に関連した付随費用は仕入に含めて処理します。
 
 
荷造運賃の科目は販売する方の立場で使用する勘定科目であることを抑えておきましょう。
 
 

 

まとめ

 
 
 
荷造運賃費とは商品販売の際にかかる梱包材や運送費です。
 
 
商品を販売する以外にかかる運送費は通信費で処理します。
 
 
仕入の時にかかった運送費は仕入に含めて処理します。
 
 
 
      

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。