Amazonビジネスとは?法人や個人事業主におすすめ【メリット・年会費・登録手順】

 

Amazonでは、個人のアカウントだけでなく、Amazonビジネスのアカウントを作成することが可能です。

 

この記事では、Amazonビジネスのアカウントを作成することのメリットや登録方法について、ご紹介したいと思います。

 

Amazonビジネスとは

 

Amazonビジネスとは、法人・個人事業主向けのビジネス購買専門サイトです。

 

個人事業主の場合は、青色申告をしている方が利用可能となっています。

 

白色申告の方は、Amazonビジネスのアカウントを作成することは出来ませんのでご注意下さい。

 

Amazonビジネスのメリット

 

法人価格で購入できる

 

Amazonビジネスのアカウントを作成すれば、アマゾンの商品を法人価格で購入できます。

 

必要な消耗品や備品などを、個人のアカウントで買うよりも安く購入できる場合があります。

 

Amazonビジネスで、法人価格の人気商品を選択すると、下記の画面が表示されます。

 

 

 

法人価格の商品を割引率から探したり、製品カテゴリから探すことができます。

 

Amazonビジネスの法人価格を確認するには、Amazonビジネスのアカウント登録をする必要があります。

 

定期的に購入している消耗品や備品、購入したい商品などが、個人のアカウントで買うよりも安く購入できる場合があります。

 

Amazonビジネスには無料で登録出来ますし、解約したい場合も簡単に手続きできるので、とりあえずアカウント登録をされるようお勧めします。

 

ただし、登録の際は個人のアカウントとは別のメールアドレスで登録するようにして下さい。

 

個人のアカウントでプライム会員となっている場合、下記のサービスなどが利用できなくなってしまうからです。

 

  • Amazonプライムphoto
  • Amazonプライムビデオ
  • Amazonプライムミュージック

 

上記のサービスを定期的に利用している場合は、別のメールアドレスを準備して登録するようにして下さい。

 

公式サイト:Amazonビジネスの無料登録を確認する

 

品揃えが多い

 

Amazonを利用したことがあれば、品揃えが多いことはご存知だと思います。

 

具体的には、Amazonビジネスの品揃えは、およそ2億点です。

 

法人や個人事業主の利用も多いと思われる、アスクルやMonotaROと比較してもその差は歴然です。

 

アスクルは約580万点、MonotaROは約1800万点です。

 

アスクルやMonotaROの品揃えも豊富なのですが、Amazonの品揃えが凄すぎて少なく感じてしまいます。

 

まさに、Amazonの品揃えは桁違いです。

 

品揃えが多いと言うことは、仕事で必要なものを見つけやすいです。

 

さらに、Amazonビジネスの場合、個人のアカウントで購入するより安く買えるのでおすすめです。

 

決済手段も豊富

 

決済手段についても、多様な支払い方法が用意されています。

 

  • 法人クレジットカード
  • コンビニ
  • ATM
  • ネットバンキング
  • 電子マネー
  • 代金引換
  • 請求書払い

 

通常の支払い方法に加えて、請求書払いも利用することができます。

 

請求書払いを使えば、1ヶ月分の注文代金をまとめて支払うことが可能です。

 

こうした支払い方法を使えば、立替精算の手間も省くことができ業務の効率化が期待できます。

 

請求書払いについては、法人と個人事業主とで対応が異なります。

 

通常、法人の場合はアカウントの登録完了後、3営業日以内に請求書払いが利用可能な旨、メールで通知されます。

 

ですから、特に手続きが必要になることはありません。

 

一方で、個人事業主で請求書払いを利用したい場合は、アカウントの登録完了後にカスタマーサービスに連絡する必要があります。

 

会計処理が楽になる

 

会計処理が楽になるのも、大きなメリットです。

 

特に、Amazonで頻繁に商品を購入する方は、利用価値があります。

 

アカウントを分けておくだけで、プライベート分の仕訳をする必要が無くなるからです。

 

アカウントが一つだけだと、個人の買い物については経費にできませんので、事業主貸の勘定科目を使って仕訳を切る必要があります。

 

でも、アカウントを分けておけば、プライベート分は個人用のアカウントで、仕事に関係するものはAmazonビジネスのアカウントで購入するといった使い方が可能になります。

 

複数のユーザーで利用可能

 

Amazonビジネスアカウントは、複数のユーザーで利用することができます。

 

複数の従業員と共有して利用すれば、割安な料金でBusinessプライムを利用することが可能です。

 

年会費について

 

Businessプライムの年会費は、下記のように4つの料金体系となっています。

 

料金はすべて税込価格です。

 

  • Essentials・・年4,900円(3ユーザーまで)
  • Small・・年13,500円(10ユーザーまで)
  • Medium・・年37,800円(100ユーザーまで)
  • Unlimited・・年270,000円(無制限)

 

個人事業主が1人で利用するような場合でも、購入頻度によってはBusinessプライムに加入した方が、結果的に安くすむ可能性もあります。

 

Businessプライムに加入すれば、商品の金額に関わらず1点から送料無料となるからです。

 

ただし、Amazonビジネスの通常会員でも、商品を2000円以上購入すれば送料を無料にできるので、使い方を工夫すればBusinessプライムに加入する必要はないかも知れません。

 

仮にBusinessプライムに加入した場合は、経費計上できますので忘れないようにして下さい。

 

登録に必要な書類について

 

個人事業主の場合は、下記のいずれかの書類が必要となります。

 

  • 確定申告書B
  • 開業届出書
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書
  • 過去2年以内の青色申告承認申請書

 

また、引っ越しなどにより書類の情報と登録内容に違いがある場合は、下記の書類もあわせて必要となります。

 

  • 所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書

 

注意点としては、提出する書類には税務署の印鑑が押されている必要があります。

 

また、e-Taxで確定申告をしている方は、受信通知を含めたコピーも合わせて提出する必要があります。

 

書類に記載されているマイナンバーは、数字が見えないように加工して提出して下さい。

 

また、事業収入などの情報も隠して提出することができます。

 

参照:Amazonビジネス 登録に関するよくある質問

 

登録の際の注意点について

 

登録については、下記の2種類の方法があります。

 

  1. 個人アカウントと同じEメールアドレスを使用する
  2. 個人アカウントとは別のEメールアドレスを使用する

 

登録の前に、注意していただきたい点があります。

 

それは、個人アカウントと同じEメールアドレスを使用する場合です。

 

同じメールアドレスで登録すると、購入履歴などの情報が引き継がれます。

 

Amazonビジネスアカウントを複数人で共有する場合、過去の購入履歴を見られてしまう可能性があります。

 

また、先程も触れましたが、同じメールアドレスで登録すると、プライムビデオやプライムミュージックが利用できなくなります。

 

こうしたデメリットを避けたい場合は、個人アカウントとは別のEメールアドレスを使用して登録することをお勧めします。

 

Amazonビジネスの登録手順

 

Amazonビジネスの登録は、数分で完了します。

 

赤枠の無料登録はこちらをクリックして、下記の項目を入力もしくは操作するだけです。

 

  1. ビジネス用アカウントの登録
  2. Amazonビジネスで利用する名前とパスワードの設定
  3. 会社名(個人事業主は屋号か自分の名前)
  4. 電話番号
  5. 住所
  6. 提出書類のアップロード

 

私が最初に登録手続きをしたとき、提出書類を送信できなかったのですが、アップロードしたファイル画像がpng形式になっていました。

 

JPEG形式に変更してアップロードしたら、問題なく手続きできました。

 

アップロードの際は、PDFもしくはJPEG形式となっていますので、ご注意下さい。

 

手続きが終わったら、下記の画面が表示されます。

 

後は、Amazonからの連絡を待つだけです。

 

私の場合は、2日後に情報の確認とアカウント登録が完了した旨、メールにて連絡を受けました。

 

登録が完了するとAmazonビジネスのアカウントで、ログインできるようになります。

 

因みに、個人のアカウントでログインすると、下記のような画面が表示されます。

 

左上の赤枠には、AMAZON.co.jpと表示されています。

 

私のようにプライム会員ですと、その下にprimeと表示されます。

 

この画面から、黄色の枠にあるアカウント&リストをクリックすると下記の画面が表示されます。

 

赤枠のアカウントの切り替えをクリックして、Amazonビジネスのアカウントを選択します。

 

 

Amazonビジネスのアカウントに切り替えると、下記の画面が表示されます。

 

赤枠のところがbusinessに変わっています。

 

これで、Amazonビジネスを利用することができます。

 

法人価格や数量割引で安く買える商品がありますし、会計処理も楽になる。

 

請求書払いにも対応可能で、メリットが多いです。

 

解約しても違約金などは発生しませんので、リスクはありません。

 

現在、Amazonビジネス2周年記念として、法人・個人事業主限定で全品5%OFF以上の法人価格が適用されたお買い得商品が紹介されています。

 

 

また、商品が安く購入できるだけでなく、Amazonビジネスで初めての買い物100,000円以上で、Amazonギフト券10,000円分がもらえるキャンペーン中です。

 

期間限定で、2019年10月31日(木)23時59分(日本時間)までとなっています。

 

今回のお得な期間中に、Amazonビジネスに登録することをお勧めします。

 

まずは無料で登録して、購入したい商品の価格を確認してみてはいかがでしょうか?

 

公式サイト:Amazonビジネス

 

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 青色申告を始めたことがきっかけで、簿記や節税などの勉強をするようになり日商簿記2級やFP2級・AFPの資格を取得しました。 当サイトでは、個人事業主やフリーランスのお金の管理に役だつことを中心に情報発信しています。