【使い方】「MFクラウド確定申告」でデータを自動取得する方法

 

この記事では「マネーフォワードクラウド確定申告」でデータを自動取得する方法についてご説明しています。

 

2018年11月より、これまでの「MFクラウド確定申告」から「マネーフォワードクラウド確定申告」に名称が変わっていますが、サービス内容に変化はありません。

 

特定の金融機関を登録する

 

クラウド会計ソフトの大きなメリットが、データの自動取得機能です。

 

利用している金融機関を登録することで、データの自動取得ができるようになるので、会計処理の時間を削減することができますし、数字の入力間違えもなくなるので是非利用していただきたいと思います。

 

早速、自動取得のための登録手順をご説明したいと思います。

 

「マネーフォワードクラウド確定申告」のトップページから赤枠の「連携データの登録」⇒「連携データの登録ページに移動する」をクリックします。

 

クリックすると、下記の画面が表示されます。

ここで、ご自身が利用している銀行口座やクレジットカードを選択して下さい。

赤枠の部分にあるように、検索することもできますしカテゴリーから探すこともできます。

今回は、セブン銀行を登録してみたいと思います。

セブン銀行をクリックします。

下記の画面が表示されますので、セブン銀行のネットバンキングを利用する際に使用している「ログオンID」「ログオンパスワード」を入力します。

入力したら連携登録をクリックして下さい。

 

下記の画面のように、正常と表示されれば登録完了です。

 

自動取得の注意点

 

この記事でご説明した方法で、ご自身の利用している金融機関を登録することができますが、銀行口座のデータを自動取得するには、事前にインターネットバンキングに申し込みをする必要があります。

 

通常、インターネットバンキングを申し込んでから、利用できるようになるまで1~2週間ほどかかりますので、確定申告の準備などで銀行口座のデータを自動取得したい場合は、お早めに手続きをされるようお勧めいたします。

 

また、銀行口座のデータを自動取得するには、利用しているネットバンキングの「ID」や「パスワード」の情報が必要となりますのでご注意下さい。

 

マネーフォワードクラウド確定申告

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。