【簿記】仮受金の勘定科目について|意味・仕訳・前受金との違い|

 

この記事では、仮受金の勘定科目についてご説明しています。

 

仮受金の意味や仕訳例、前受金との違いなどを確認できます。

 

仮受金とは

 

仮受金とは、入金されたお金について取引内容がわからない時に、一時的に使用する勘定科目です。

 

後から、取引内容が判明した場合、正しい仕訳を切って仮受金を相殺します。

 

仮受金は、貸借対照表の流動負債に表示されます。

 

消費税区分

 

仮受金は、消費税の対象外です。

 

仮受金の仕訳例

 

従業員からの入金

 

●従業員より普通口座に3万円の入金があったが、取引内容は確認出来なかった。

 

借方金額貸方金額
普通預金30,000仮受金30,000

 

●後日、顧客による商品の手付金であることが判明した。

 

借方金額貸方金額
仮受金30,000前受金30,000

 

取引先からの入金

 

●取引先から7万円の入金があったが、取引内容は確認出来なかった。

 

借方金額貸方金額
普通預金70,000仮受金70,000

 

●後日、売掛金の代金であることが判明した。

 

借方金額貸方金額
仮受金70,000売掛金70,000

 

取引内容が判明しなかった場合

 

●仮受金として処理していた1万円については、結局取引内容は判明しなかった。

 

借方金額貸方金額
仮受金10,000雑収入10,000

 

取引内容が判明しなかった場合は、雑収入の勘定科目で仕訳を切ります。

 

仮受金と前受金の違い

 

仮受金は、最初にご説明したように、入金されたお金の取引内容が分からない場合に、一時的に使用する勘定科目でした。

 

一方で前受金は、商品やサービスの提供前に支払ってもらった、一部もしくは全額の代金を処理する際に使用する勘定科目です。

 

ですから、先程の仕訳例にもあったように、商品の手付金として受け取った代金は前受金で処理することになります。

 

前受金は、商品が納品されたりサービスが提供されることで、売上を計上する際に相殺されます。

 

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。