【使い方】「MFクラウド確定申告」の開始残高の設定方法について

 

この記事では「マネーフォワードクラウド確定申告」の開始残高の設定方法についてご説明しています。

 

2018年11月より、これまでの「MFクラウド確定申告」から「マネーフォワードクラウド確定申告」に名称が変わっていますが、サービス内容に変化はありません。

 

開始残高とは

 

最初に開始残高についてご説明しておきたいと思います。

 

開始残高は、期首(1月1日)時点での貸借対照表にある「資産」「負債」「資本」のことです。

 

期首(1月1日)と書きましたが、これは継続して事業を行なってきた方に該当します。

 

もし、今年から事業を始めたのであれば、事業を開始した時点の貸借対照表の情報となります。

 

開始残高の設定方法

 

これまで他の会計ソフトを利用していたり、初めて確定申告を行う方が「マネーフォワードクラウド確定申告」の会計ソフトを利用するには、開始残高を設定する必要があります。

 

この開始残高の設定方法については、これまで利用していた会計ソフトのデータ移行をする方法と、手動で設定する方法とがあります。

 

まだ、「マネーフォワードクラウド確定申告」のアカウントを登録していない場合は、下記の記事を最初にご覧いただきたいと思います。

 

 

 

データの移行

 

これまで使っていた会計ソフトのデータの移行をすることで、開始残高を設定することができます。

 

「マネーフォワードクラウド確定申告」のホーム画面より「各種設定」⇒「他社ソフトデータの移行」の順にクリックします。

 

 

 

クリックしますと、データの移行ができる他社の会計ソフトの一覧が表示されます。

 

ここでご自身の利用していた、会計ソフトがあれば選択して下さい。

 

この記事では、ミロクの会計ソフトを利用していたと仮定して話を勧めます。

 

クリックしますと、ミロクからデータを移行することのできる項目が表示されます。

 

開始残高のインポートをクリックします。

 

 

 

上記の画面が表示されますので、「ファイルを選択」⇒「インポート」の順に選択すると開始残高を設定できます。

 

「開始残高」以外にも、ミロクからエクスポートした「勘定科目」「仕訳」をインポートすることができるので、必要なデータ移行をここで済ませておきましょう。

 

他社の会計ソフトのデータをエクスポートする場合は、「CSV形式」を選択することが多いようですが、詳細は各会計ソフトの説明書をご確認いただきたいと思います。

 

ちなみに私の場合は、自分が利用している会計ソフトがデータ移行に対応していなかったので、この方法は利用できませんでした。

 

もし、ご自身の使っている会計ソフトが表示されていなければ、手動で開始残高を設定することもできます。

 

手動で設定する

 

手動で開始残高を設定する方法をご説明したいと思います。

 

「マネーフォワードクラウド確定申告」のホーム画面より「各種設定」⇒「開始残高」の順にクリックします。

 

 

「資産」「負債」の勘定科目が表示されますので、該当する部分に数字を入力していきます。

 

 

 

数字の入力ミスがあれば、借方と貸方の合計金額が一致しませんのでご注意下さい。

 

 

該当する勘定科目に数字を入力して貸借が一致したら、保存をクリックすれば設定完了です。

 

画像の一部を切り取っただけですので、表示されていなかったのですが、資本の部には「元入金」の勘定科目が設定されています。

 

前年の青色申告決算書から、「元入金」に数字を入力する場合は、【元入金+青色申告特別控除前の所得金額+事業主借-事業主貸】の数字を入力します。

 

また、開始残高に表示されている資産や負債の項目に、該当する勘定科目がない場合は追加することができます。

 

勘定科目の設定や追加の方法については、下記の記事でご説明しています。

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。