「確定申告」と「還付申告」の申告期限の違いについて

 

 

確定申告の期限

 

確定申告の期限は、通常2月16日から3月15日までです。

 

通常と書いたのは、週末を挟んだりすると日にちが変わることがあるからです。

 

ちなみに、2018年(平成30年)の確定申告は、2019年2月18日(月)から2019年3月15日(金)です。

 

2019年は2月16日が土曜日となるため、翌週の月曜日の18日からとなっています。

 

還付申告の期限

 

確定申告の期限と還付申告の期限を、同じと思っている方も少なくないようです。

 

実は、確定申告と還付申告の期限は違います。

 

還付申告とは、多く納めすぎている税金を戻してもらう手続きです。

 

例えば、個人事業主やフリーランスの方で、報酬を受け取る際に源泉徴収されているならば、収入から必要経費や所得控除を差し引いて本来納める税金の金額を計算した上で、その差額分を戻してもらうことができます。

 

この還付申告については、5年間の期限が設けられています。

 

例えば、2018年の源泉徴収分の還付申告期間は、2019年1月1日から2023年12月31日までということになります。

 

もちろん、2月16日から3月15日の確定申告の期間に、還付申告の手続きをしても問題ありません。

 

ただし、還付申告については確定申告と違って、申告期間に随分余裕があります。

 

ですから、税務署が混雑している時期を避けて、手続きをしてもいいと思います。

 

注意点について

 

他の期限が関係する場合

 

自分の場合は還付申告になるからといって、確定申告の期間を過ぎてから手続きをしようとすると問題が生じる場合があります。

 

それは、他の期限が関係する場合です。

 

例えば、源泉徴収されている個人事業主やフリーランスの方で、青色申告特別控除(65万円)を受けているような場合です。

 

ご説明したとおり、源泉徴収されている還付申告については5年間の間に手続きすれば問題ありませんが、青色申告特別控除(65万円)の場合は、翌年の確定申告の期限内に申告をしなければ特別控除が適用されません。

 

期限後に申告した場合、65万円の控除が10万円の控除に減ってしまいます。

 

これでは、節税効果が低くなるので還付される税金が少なくなります。

 

ですから、このようなケースであれば還付申告であったとしても、青色申告特別控除(65万円)を受けるために、確定申告の期限内(3月15日)までに手続きをする必要があります。

 

還付申告をしていなかった場合

 

これまで還付申告をしてこなかった方は、手続きをすることで5年前までの源泉徴収分から税金を取り戻すことが可能です。

 

手続きが面倒に思うかも知れませんが、還付金額が大きくなる可能性もありますので確認されるようお勧めします。

 

還付申告の詳細は、国税庁のサイトで確認できます。

 

参照:国税庁 No.2030 還付申告

 

ご自身で判断がつかなかったり手続きが面倒な場合は、税金の専門家に依頼することも検討できます。

 

近場の税理士を探したい場合は「税理士紹介ネットワーク 」や「税理士ドットコム 」のサービスを利用することができます。

 

まとめ

 

●確定申告の期限は2月16日~3月15日です。

●還付申告の期限は5年間です。

●損をしないために期限内に手続きをしましょう。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。