ファクタリングとは?売掛債権を利用した資金調達の仕組みについて

 

事業資金を調達する必要が生じた場合、どのような方法が良いのか判断に迷うかも知れません。

 

この記事では、売掛金を利用したファクタリングの仕組みや、ファクタリング会社を比較するのに便利な「無料一括見積査定サイト」についてご説明しています。

 

10分ほどで読むことができますが、今すぐに現在持っている売掛債権で、どのくらいの資金を調達することができるのかを知りたい場合は、約30秒で調べることができます。

 

一般的に、ファクタリング会社を紹介しているサイトでは、複数のファクタリング会社の一覧をまとめて紹介しています。

 

でもそのような場合、ご自身で複数のファクタリング企業の情報を調べて、どの会社が最も条件が良いのかを確認する必要がありますよね。

 

でも、資金調達を急いでいる場合は、その作業も大変だと思います。

 

ご紹介する「チョウタツ王」というファクタリング一括見積査定サイトは、複数の優良ファクタリング会社に一括査定ができる便利なサービスです。

 

無料で利用することができ、多くのメディアにも紹介されている今注目のサービスです。

 

 

赤枠の、事業種別・売掛先・売掛金入金日の3箇所を選択して「無料一括査定スタート」をクリックするだけで、資金調達できる金額を調べることができます。

 

すぐに資金調達できる金額の目安が知りたい場合は、下記から無料査定をご活用下さい。

 

 

最初に、ファクタリングの基本的な仕組みなどを確認したい場合は、続く記事の内容をご覧下さい。

 

ファクタリングとは

 

ファクタリングとは、法人や個人事業主が持っている売掛債権を買い取ってもらうサービスです。

 

利用者は、急な資金繰りに対応するのに役立ちますが、ファクタリング会社に対して一定の手数料を支払う必要があります。

 

売掛債権の買い取りサービスですから、資金の融資や借り入れとは違います

 

ファクタリングであれば、借入状況を調べられたり、税金や保険料の滞納などの状況に影響されることなく、売掛金を所有していれば利用できるという特徴があります。

 

ファクタリングには、2種類の取引の形があります。

 

3社間取引と2社間取引です。

 

それぞれの取引の特徴や流れをご確認下さい。

 

3社間取引とは

 

 

出典元:ファクタリングとは?|ファクタリング東京

 

ファクタリングの3社間取引は次の3社が関係する取引です。

 

  • お客(自社)
  • 売掛先
  • ファクタリング会社

 

3社間の売掛債権や資金の流れは次のようになります。

 

①サービス提供

 

取引先企業に対して、自社の商品を販売したりサービスの提供を行うことで売掛債権が発生します。

 

この売掛債権については、例えば月末締めで翌月末に支払われたり、翌々月末に支払われることになります。

 

支払われる間に何の問題も無ければいいのですが、急な事業資金が必要となった場合に、選択肢の1つとしてファクタリングを検討することができます。

 

②ファクタリング契約

 

ファクタリング契約は、自社とファクタリング会社との契約になりますが、3社間取引で資金調達できるかどうかは取引先が重要なポイントとなります。

 

③、④債権譲渡通知・承諾

 

自社は、取引先に対して売掛債権の譲渡について通知する必要があります。

 

そして、取引先から売掛債権の譲渡について、自社やファクタリング会社は承諾を受ける必要があります。

 

しかし、ファクタリングのことを取引先に知られたくない事業者が多いです。

 

理由としては、一般的に企業の債権譲渡に対する印象があまり良くないためです。

 

「経営状況が苦しいのではないかと思われたら、今後の取引に影響があるのではないか?」などと考えて、3社間取引を躊躇してしまう事業者が多いのが現状です。

 

⑤早期の売掛債権の支払い

 

取引先からの承諾が得られた場合は、ファクタリング会社から自社に、早期の売掛債権の支払いが実行されます。

 

これにより、急な事業資金の必要が賄われることになります。

 

⑥期日通り売掛債権が支払われる

 

売掛債権が支払われる期日になると、取引先からファクタリング会社へ代金が支払われます。

 

この一連の流れによって取引は終了します。

 

3社間取引は、ファクタリング会社へ支払う手数料が2社間取引と比べて少なくて済むという利点があります。

 

手数料が安くなる理由は、取引先からファクタリング会社へ直接代金が支払われることから、売掛債権の回収リスクが低くなるためです。

 

一方で、取引先からの承諾がなければ、ファクタリングが成立しないというデメリットも意識しておく必要があります。

 

2社間取引の流れ

 

出典元:ファクタリングとは?|ファクタリング東京

 

もう一つの取引の形としては2社間取引があります。

 

ファクタリングの2社間取引は次の2社が関係する取引です。

 

  • お客(自社)
  • ファクタリング会社

 

2社間の売掛債権や資金の流れは次のようになります。

 

①サービス提供

②ファクタリング契約

 

①、②の点に関しては、3社間取引でご説明した内容と同じです。

 

サービスの提供によって売掛債権が発生し、支払期日前に資金を得るためにファクタリング契約を結びます。

 

③早期の売掛債権の支払い

 

ここからが、3社間取引と異なるのですが、2社間取引の場合は、取引先への債権譲渡に関する通知や承諾なしで、ファクタリング会社から自社へ、早期の売掛債権の支払いが実行されます。

 

④期日通り売掛債権が支払われる

 

3社間取引では、取引先からファクタリング会社へ、売掛債権の代金が支払われましたが、2社間取引では取引先から自社へ通常の形での支払いが行われます。

 

⑤ファクタリング会社へ支払い

 

最後に、集金代行によってファクタリング会社への支払いが行われることで取引は終了します。

 

2社間取引は、事業主とファクタリング会社のみの取引形態となります。

 

3者間取引と違って、売掛先の会社とのやり取りは発生しません

 

つまり、取引先企業には知られることなく、ファクタリングで資金調達をすることができるという利点があります。

 

ただし、3社間取引よりも2社間取引の方が、ファクタリング会社への手数料が高くなるのはデメリットとして抑えておきましょう。

 

手形割引とファクタリングの違い

 

手形割引も、銀行などで手形を期日前に現金化して資金調達する取引ですが、ファクタリングとは異なる点があります。

 

まず、手数料については、手形割引の方がファクタリングよりも安いケースが大半です。

 

しかし、それ以上に注目できる大きな違いがあります。

 

手形割引は、あくまで融資契約ですから、手形は銀行に担保として預けているという形になります。

 

ですから、仮に手形の振出人がお金を支払えない状況になった場合には、銀行からの返済請求があなたのところにきてしまうことになります。

 

しかし、ファクタリングであれば、売掛債権の回収ができなかったとしても、ファクタリング会社があなたへ返済請求をしてくることはありません。

 

このように、手形割引には償還請求権があり、ファクタリングについては償還請求権がないことが2つの取引の大きな違いです。

 

ファクタリング会社からすれば、売掛債権を回収できないというリスクがありますので、その分手数料も割高になっているのは仕方のないことだと言えるでしょう。

 

金融機関とファクタリング会社の違い

 

金融機関で資金調達を検討する場合は、金融機関によって事業主の以下の点などが考慮されることになります。

 

  • 借り入れ件数
  • 借り入れ総額
  • 財務状況

 

実際、今の中小企業の実態として、自己資本比率が 27.3%、借入金の割合は 40.7%となっているのが現状ですから、金融機関から融資してもらうことが、難しい状況にある事業主も少なくありません。

 

銀行などの金融機関に融資を依頼して審査に通らなかった方も、ファクタリングを利用することで急な資金の必要に対処できる可能性があります。

 

なぜなら、ファクタリングであれば金融機関が融資を検討する際に重視する、財務状況などはそれほど重要ではないからです。

 

ファクタリングはあくまで売掛債権の買い取りですから、ファクタリング会社が重視するのは事業主の財務状況よりも売掛先の信用です。

 

売掛債権を買い取ったものの、売掛先が倒産などをすれば、ファクタリング会社はお金を回収することができなくなるので、売掛先の信用を最も重視します。

 

国も勧めている資金調達方法

 

国は中小企業の事業を支援する一貫として、事業主が資金繰りの問題に対処する点で、売上債権を活用した資金調達を推奨しています。

 

それは、売掛債権の利用について、取引先に理解を求めていることからも明らかです。

 

例えば、売掛債権の利用に関する風評被害の防止について次のような文章が、中小企業庁のサイトに掲載されています。

 

・売掛債権の利用について、売掛先(取引先)等から資金繰りが厳しいのかと言われ、利用により風評被害が発生することが心配、との声が聞かれます。
・売掛債権の利用促進は国の施策です。本制度の普及、利用促進にご協力下さい。

引用:経済産業省中小企業庁 売掛債権の利用促進について

 

ファクタリングについて、どこか胡散臭いイメージを持っていた方もいるかも知れませんが、事業主が資金繰りの問題に対処する上で、有効な手段の一つであることをご理解いただけると思います。

 

特に、急な資金繰りに対処する点でとても便利なサービスです。

 

当然ですが、ファクタリングが便利なサービスでも、割高な手数料は払いたくないですよね。

 

複数のファクタリング会社を比較して相見積もりを取ることが大切ですが、全国には100社以上のファクタリング会社が存在します。

 

ですから、どのファクタリング会社を選んで良いのか分からなかったり、相見積もりを取ること自体が面倒だと感じるかも知れません。

 

そのような場合は、記事の最初にご紹介した「無料一括見積査定サイト」を利用して、ご自身にとって一番有利なファクタリング会社を確認してみることをお勧め致します。

 

無料一括見積査定サイト「チョウタツ王」について

 

 

 

売掛金の無料一括査定サイト「チョウタツ王」は24時間365日いつでも利用可能です。

 

30万円~1億円までの資金調達に対応しています。

 

資金調達に時間を掛けるのが難しかったり、少しでも売掛債権を高く売却したい方にはお勧めのサービスです。

 

無料一括査定サイト「チョウタツ王」を利用した場合の取引の流れは下記の通りです。

 

取引の流れ

 

一括査定申込

 

記事の最初にご説明したとおり、一括査定フォームから必要事項を選択して査定を申し込みます。

 

査定結果

 

ファクタリング会社から、査定結果が電話やメールで通知されます。

 

売買契約

 

査定結果を考慮して、条件の良いファクタリング会社と契約をします。

 

代金の支払い

 

ファクタリング会社と契約が完了すれば、最短で即日~3日ほどで代金が支払われます。

 

 

 

 

まとめ

 

●ファクタリングとは、売掛債権の買い取りサービスのことで、最短で即日対応してもらえます。

●2社間取引であれば、取引先にファクタリングについて知られることはありません。

●売上債権を活用した資金調達は、国も推奨している資金調達制度です。

●無料一括見積査定サイトを利用すれば、資金調達金額をすぐに確認することができます。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。