個人事業主が記帳代行を依頼する前に確認してほしいこと

 

自営業者(個人事業主やフリーランス)は、自分で税金の計算をする必要があります。

 

そのためには、日々の取引について正確に記帳していくことが必要です。

 

ただし、白色申告であれば、簡易な記帳が認められています。

 

例えば、納品書や請求書の控えを取っておけば、売り上げや仕入について1日の合計金額を記帳することが認められています。

 

経費についても、少額であれば売り上げや仕入と同様の処理方法が可能です。

 

青色申告については、基本的に白色申告のような簡易な記帳ができず、一つ一つの取引について記帳していく必要があります。

 

さらに、65万円の青色申告特別控除を受けるためには、取引を複式簿記で記帳して確定申告時に貸借対照表と損益計算書を作成する必要があります。

 

ですから、取引が多ければそれだけ会計処理に時間がかかってしまいます。

 

それで、事業主の中には面倒な経理処理を依頼したいと感じるかも知れません。

 

この記事では、記帳代行を依頼する前に考慮できることについて書いています。

 

お金をかけずに自分で記帳できないか検討する

 

 

記帳代行を依頼する前に、まずは無料のサービスを利用して、自分で経理処理ができないかを考慮するようお勧めします。

 

例えば、税務署では事業を始めた方に対して、無料の記帳指導を実施しています。

 

私も、青色申告を始めた年に無料の記帳指導を申し込みました。

 

最初に記帳指導を無料で受けることができれば、その後の会計処理を自分でできるようになるかも知れません。

 

詳しくは、下記の記事でご説明していますのでご覧下さい。

 

 

まずは、こうしたサービスを利用できるかどうかを検討してみて下さい。

 

また、記帳作業の手間を削減するのに、クラウド会計ソフトはとても役立ちます。

 

銀行口座やクレジットカードの取引データを自動で取り込んでくれますし、仕訳を入力するだけで確定申告に必要な書類まで作成してくれるからです。

 

白色申告の方であれば、弥生のクラウド会計ソフトをずっと無料で利用することができます。

 

 

また、青色申告の方でも「マネーフォワードクラウド確定申告」であれば、仕訳が年間に50件以内という条件を満たせば、無料で使うことができます。

 

個人事業主の会計処理については、本を読むことで十分学ぶことができます。

 

図書館で借りれば無料ですし、購入したとしても1冊1,000~2,000円ほどしかかかりませんのでコスパは良いです。

 

私が実際に購入して、分かりやすいと感じた本についても記事にしていますので、参考にしていただければと思います。

 

 

まずは、お金を掛けずに自分で記帳ができるかどうかを、検討してみるようお勧めしたいと思います。

 

もし、自分で記帳するための勉強や作業時間が確保できない場合は、時間をお金で買うという選択肢も考慮できます。

 

時間をお金で買うという考え方

 

 

無駄なものにお金を使うことはしたくありませんが、お金を払うことで重要なことや大切なことを行う時間を確保することができるのであれば、検討の余地があります。

 

もちろん金額にもよりますし、少しの時間をかければできることを、わざわざお金を出して他の人に頼むことはしないでしょう。

 

会計処理についても、取引件数が少なくて簿記の基本的な知識をもっているのであれば、自分で経理処理した方がいいと判断すると思います。

 

一方で、取引も多く会計処理についてよく分からない場合は、お金を払って記帳代行のサービスを利用することも検討できます。

 

お金を払うことで記帳に費やす時間を削減することができれば、その分の時間をより重要な事業拡大のために費やすことができます。

 

私は、青色申告をするために複式簿記の勉強を始めたことがきっかけで、独学で日商簿記3級と日商簿記2級の資格を取得しました。

 

独学で勉強すると、通信講座などを利用するより費用は少なくて済むわけですが、通信講座を利用すると短時間で効率よく勉強することができます。

 

独学で勉強した結果、日商簿記3級については1回で合格したのですが、日商簿記2級については7回も試験を受けることになり、かなりの時間を費やすことになりました。

 

 

もちろん、独学でも短期間で効率よく勉強できる人はいるでしょう。

 

ただ私の場合は、資格取得に時間がかかった経験から、お金で時間を買うという考え方も大切だと感じています。

 

お金をかけずに、何でも自分で効率よくできればそれに越したことはありませんが、現実にはなかなか難しいですよね。

 

青色申告をするために簿記の資格を取得する必要はありませんが、仕事で忙しい事業主が会計処理を自分でするために、簿記の勉強を1から始めるとすれば、やはりある程度の時間は必要です。

 

勉強する時間を確保するのが難しい場合は、お金を払って記帳代行を依頼することも検討できます。

 

お勧めの記帳代行サービス

 

 

自分で学ぶ時間が限られていたり、会計処理をするのが難しいと感じる場合は、有料のサービスを利用して記帳代行を依頼することを検討しましょう。

 

当サイトでお勧めしているのは、カスタマーグロース会計事務所です。

 

クラウド会計に対応しているので、お住いの場所に関係なく利用できます。

 

また、公認会計士・税理士事務所ですから、確定申告までサポートしてもらえるので安心です。

 

代表者は女性の公認会計士ですので、女性の事業主も利用しやすい会計事務所です。

 

サービスプランについては、下記の通りです。

 

 

記帳代行のサービスについては、スタンダードお任せプランが対応しています。

 

設立2年未満であれば、月額10,000円でスタンダードプランを1年間利用することができるので、記帳代行から確定申告までサポートして貰えます。

 

ミニマムとライトプランについては、記帳代行には対応していませんが、その分料金は安くなります。

 

会計事務所のサポートを受けながら経理処理ができるので、自分で記帳や確定申告をするのに不安がある場合はお勧めのプランです。

 

カスタマーグロース会計事務所を利用した人の口コミについては、下記の通りです。

 

ミニマムプランを契約してます。

民泊は入出金の数が多く、結構面倒だったのですが、クラウド会計の導入支援を受け、記帳の殆どが自動化できました。

もっと早く頼んでおけばよかったなぁ、と思いました。

 

おまかせプランを契約してます。

今まで、自分で決算をしたり、格安の税理士事務所に依頼をしていました。

決算費用・税金を安く上げることしか考えていませんでしたが、個人事業主を卒業して事業をスケールすることを考え、CG会計事務所に思い切ってお願いしました。

現在はだいぶ健全な決算書になり、ストレスも軽減されました。

 

利用者も、料金とサービスのバランスに対して、概ね満足していることが分かります。

 

カスタマーグロース会計事務所のサービスを利用することで、他に下記のようなメリットも得られます。

 

  • リアルタイムで経営状況が把握できる
  • クラウド会計の導入コンサルティングが受けられる
  • 経営に役立つ情報をリアルタイムで受け取れる

 

サービスの詳細や料金設定については、カスタマーグロース会計事務所のサイトでご確認下さい。

 

 

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。