【クラウド会計】freeeを無料で始めるためのアカウント登録手順について

 

個人事業主やフリーランスの会計処理を、大幅に楽にしてくれるクラウド会計ソフト。

 

この記事では、クラウド会計ソフト「freee」を無料で始めるためのアカウント登録手順を画像つきでご説明しています。

 

アカウント登録手順

 

最初にfreeeの「個人事業主向けアカウント登録」へ移動すると下記の画面が表示されます。

 

 

 

どちらでも構いませんので「今すぐ新規登録」をクリックします。

 

クリックすると下記の画面が表示されます。

 

 

事業形態では法人か個人事業主を選択します。

 

  1. ご自身の利用しているメールアドレスを入力。
  2. 次にパスワードを設定します。
  3. freee側で提案してくるランダムのパスワードでも、任意のパスワードでも構いませんので設定して下さい。

 

上記の3つの設定を終えると「freeeを始める」のアイコンをクリックできる状態になります。

 

クリックすると次の画面が表示されます。

 

 

「業種」では、小売やサービスなどの項目が表示されますので、ご自身の行っている事業内容を選択して下さい。

 

「これまでの会計のやり方」では、エクセルや他の会計ソフトなどの項目を選択します。

 

「次へ」をクリックします。

 

注意点としては、選択する業種によっては下記のように、さらに詳細な設定をする項目が表示されることがありますので、適宜選択して「次へ」をクリックして下さい。

 

 

「プランに申し込んで確定申告する」もしくは「無料お試し版を使って確定申告する」を選択します。

 

注意点は、「無料お試し版を使って確定申告する」を選択した場合、確定申告書のPDFは出力できないようになっています。

 

freeeの使い勝手を無料で試すことが目的であれば、無料お試し版で構いません。

 

最大で30日間の無料お試し期間が過ぎると、自動的に無料プランに切り替わります。

 

「無料お試し版」「無料プラン」ともに料金はかかりませんが、機能制限がかかることになります。

 

例えば、「無料お試し版」では作成した確定申告書のPDFを出力できなかったり、「無料プラン」ではデータの保持期間が30日間のみとなっていたりといった制限がかかります。

 

確定申告の準備のために、freeeをストレスなく利用するには有料プランに申し込む必要があります。

 

まずは、無料で使い勝手を試してみたうえで、有料で継続利用するかを決めてもいいと思います。

 

 

 

「無料お試し版を使って確定申告する」をクリックすると、freeeを利用できる状態になります。

 

最後に、freeeからメール認証キー送信のお知らせが届いているはずですので、有効期限内にメール認証を完了させて下さい。

 

 

 

 
 
 
 
 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。