個人事業主に会計ソフトは必要?それとも不要?

 

個人事業主やフリーランスの方は、確定申告をする必要があります。

 

その確定申告に必要な書類を準備するには、それなりの労力が求められます。

 

その負担を軽減させるのに助けになるのが「会計ソフト」です。

 

今回の記事は、そもそも会計ソフトが必要かどうかについてや、お金と時間のバランスをとることについて取り上げています。

 

会計ソフトは必要か?

 

個人事業主にとって、会計ソフトは利用すると便利ですが必ずしも必要なものではありません。

 

自分で確定申告に必要な書類さえ準備できるなら、会計ソフトを利用する必要はないです。

 

特に、白色申告をしている方であれば、エクセルなどを使って必要書類を準備することができます。

 

売上や経費を計算して、それを収支内訳書に記入して、あとは確定申告書Bに収入や所得の合計金額や控除金額を記入するだけで済みます。

 

もちろん、それなりに時間はかかりますが、「青色申告」ほど大変ではありません。

 

「青色申告」の必要書類には、確定申告書Bや青色申告決算書があります。

 

青色申告には、10万円と65万円の特別控除がありますが、節税効果の大きな65万円の特別控除を受けるには、複式簿記で取引の記帳をして青色申告決算書を作成する必要があります。

 

青色申告決算書は、白色申告のように売上や経費をエクセルに入力して転記するだけでは作成できません。

 

まず、複式簿記で仕訳帳に記帳をして、それを総勘定元帳に転記して、勘定科目ごとに合計金額を計算して、それに基づいて損益計算書や貸借対照表を作成します。

 

もしも、貸借対照表の合計金額が左右一致しなければ、原因を調べて調整しなければ行けません。

 

青色申告の65万円の特別控除を受けるためには、上記のような一連の作業が求められることになります。

 

私は、日商簿記2級の資格を取得しており、複式簿記の基本的な知識は理解しています。

 

それでも、65万円の特別控除を受けるために準備しなければいけない必要書類を、会計ソフトを利用しないで作成する手間を考えると、会計ソフトを使えば効率よく必要書類を作成できるので何年も利用しています。

 

個人事業主にとって、会計ソフトは必ず必要というわけではありませんが、確定申告の準備を効率よく行いたい場合は、利用することも選択肢に含めていいのではないかと思います。

 

特に、65万円の青色申告特別控除を受ける場合は処理が複雑ですので利用を検討した方がいいです。

 

現時点で、白色申告をしていたとしても、税金が高いと感じていたり順調に売上が増えているのであれば、65万円の青色申告特別控除を受けることを考えてみてはいかがですか?

 

売上から必要経費を差し引いて、さらに65万円も控除できるので節税効果が高いです。

 

合わせて、家内労働者の特例についても確認しておけば、ご自身の業種によっては大きな節税効果に繋がります。

 

下記の記事では「白色申告」と「青色申告」で節税効果にどのくらいの差が出るのかを、具体的にご説明していますので宜しければ御覧下さい。

 

 

ちなみに、「青色申告」はいつでも手続きできるわけではありません。

 

「青色申告」をする場合は、申告する年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

 

また、新規に開業した場合は開業から2ヶ月以内に提出しなければ、その年から「青色申告」を始めることができませんのでご注意下さい。

 

お金と時間のバランスを考える

 

要はお金と時間のバランスを考えることが、大切なのではないかと思います。

 

会計ソフトを使えば、面倒な会計処理の時間を大幅に削減できるメリットがあります。

 

その時間は、他の大切なことに使えます。

 

また、クラウド会計ソフトは口座やクレジットカードなどの取引を自動で取り込んでくれるので、エクセルなどを使って入力するのと違って数字の間違いもなくなります。

 

一方で、会計ソフトを使うなら費用が発生します。これはデメリットです。

 

会計ソフトを利用することのメリットとデメリットを、比較考慮することが大切だと思います。

 

お金と時間のどちらかが、極端に必要な状況は避けたいと思いませんか?

 

例えば、市内まで買い物に出かけるとします。

 

自分の住んでいる街から、歩いて行くとすれば交通費はかかりませんが、目的地まで何時間もかかります。

 

だからといって自宅からタクシーを使うと、自分は何もせずに目的地まで行けますが交通費は高額になります。

 

電車やバスを利用すると、多少の交通費はかかりますがタクシーよりも格安ですし、駅やバス停から少し歩くだけで目的地に到着します。

 

私だったら電車やバスを利用しますが、あなたはどうですか?

 

確定申告に必要な書類を準備するのも同様です。

 

自力で準備するのであれば、追加の費用は発生しませんがかなりの時間がかかります。特に青色申告は大変です。

 

一方で、税理士に丸投げすれば自分は楽ですが費用は高くなります。

 

会計ソフトを利用した場合は、税理士にお願いするほど費用はかからず自力で準備するより効率的です。

 

ただし、それぞれ状況は異なります。

 

お金にゆとりのある方もいれば、時間にゆとりのある方もいると思います。

 

ですから、必ずしも全ての方に対して会計ソフトを利用するのが最善だとは言えません。

 

それでも、確定申告は毎年行う必要がありますので、あなたには会計ソフトが必要かどうかを考慮してみて下さい。

 

無料で試すことができる

 

私が利用しているクラウド会計ソフトを始め、利用している個人事業主が増えているクラウド会計ソフトには、無料でお試し感覚で利用できるものがあります。

 

 

条件次第では、ずっと無料で使えるものもあります。

 

例えば、「白色申告」をしているなら「やよいの白色申告オンライン」はずっと無料で利用できます。

 

銀行口座やクレジットカードの取引データを、自動で取得してくれるのでエクセルで手入力するよりも効率よく会計処理ができます。

 

「青色申告」でも、私が利用している「マネーフォワードクラウド確定申告」であれば、年間仕訳件数が50件以内であればずっと無料で利用できます。

 

また、「マネーフォワードクラウド確定申告」も含む下記のクラウド会計ソフトは、どれも無料でお試しができますので、ご自身で使い勝手を確認してみることができます。

 

お試し期間に解約すれば料金はかかりませんし、実際に使ってみて便利だと実感できれば料金を支払う価値はあります。

 

会計ソフトの料金は必要経費にできるので、その際は忘れずに経費計上しましょう。

 

おすすめクラウド会計ソフトクラウド会計ソフトの特徴について
やよいの青色申告オンライン青色申告は初年度無料。白色申告はずっと無料で利用できます。
マネーフォワードクラウド確定申告仕訳件数が年間で50件以内だとずっと無料で利用できます。
freee複式簿記の知識がなくても青色申告ができます。

 

まとめ

 

●会計ソフトは必ず必要というわけではありません。

●メリットー会計処理の時間を大幅に削減できる。

●デメリットー費用がかかる。

●お金と時間のバランスを考えて利用するかどうか検討しましょう。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。