FP2級の資格取得のメリットと勉強方法について

 

人気資格ランキングにも、上位にランクされることが多いのがFP(ファイナンシャルプランナー)です。

 

私は、実際にフォーサイトの通信講座を利用して、FP2級・AFPの資格を取得することが出来ました。

 

この記事では、FPの勉強をすることのメリットやフォーサイトの通信講座を利用した時の感想をまとめています。

 

FP2級の資格取得を検討している方の参考になれば幸いです。

 

FPとは

 

FPとは、お金に関する不安や悩みをサポートして、相談者の状況や目的に応じた資産設計や資金計画を提案したりアドバイスする立場から「家計のホームドクター」ともいわれます。

 

お金に関する幅広い知識を学ぶのですが、勉強する内容については専門家と重複する部分があります。

 

例えば、税金に関しては税理士が専門家です。FPは税金や節税に関する一般的な説明はできますが、個別具体的な税務相談など、税理士の業務領域に入り込んで仕事をすることはできません。

 

ですから、FPはそのような士業と協力しながら、相談者をサポートする必要が生じることもあります。

 

そこだけ見ると、FPの知識はそれほど深いものではない、あまり役に立たないのではないかという印象を持つかも知れません。

 

確かに、FPは上記の士業のようなレベルで特定分野を深く学ぶわけではありませんが、お金に関する幅広い基礎知識を学びますから、個々の相談者に対して包括的なサポートができるという強みがあります。

 

FPの資格取得のために勉強するメリット

 

実生活に直結している

 

資格取得のための勉強が、実生活に役立つこと。これがFPの勉強をする大きなメリットの一つです。

 

FP2級の資格勉強では6つの分野を学びます。

 

ライフプランニングと資金計画

 

ライフプランニングと資金計画では下記の内容を学びます。

 

  1. ファイナンシャル・プランニングと倫理
  2. ファイナンシャル・プランニングと関連法規
  3. ライフプランニングの考え方・手法
  4. 社会保険
  5. 公的年金
  6. 企業年金・個人年金等
  7. 年金と税金
  8. ライフプラン策定上の資金計画
  9. 中小法人の資金計画
  10. ローンとカード
  11. ライフプランニングと資金計画の最新の動向

 

この範囲で学ぶ内容には、社会保険に関する知識が含まれます。

 

例えば、社会保険の中で学ぶ、健康保険や国民健康保険。

 

会社員であれば健康保険、私のように個人事業主であれば国民健康保険に加入します。

 

これらの保険は補償が充実しています。

 

小学生から70歳未満の大人の医療費が3割負担で済むだけがメリットではありません。

 

健康保険や国民健康保険のおかげで、病気や怪我で高額な費用がかかっても、一定の計算によって払いすぎた医療費が戻ってくる「高額療養費制度」を利用することができます。

 

また、健康保険については「傷病手当金」といって、仕事ができない状態になったとしても、要件を満たすことで、12ヶ月間の標準報酬月額を平均した収入から、1日分の収入を計算してその金額の2/3が、4日目から最大で1年6ヶ月の間支給されることになります。

 

このような社会保険の仕組みや補償の範囲を学ぶ事で、今まで何となくかけていた民間の生命保険や損害保険を見直して家計の節約につながる可能性があります。

 

リスク管理

 

リスク管理では下記の内容を学びます。

 

  1. リスクマネジメント
  2. 保険制度全般
  3. 生命保険
  4. 損害保険
  5. 第三分野の保険
  6. リスク管理と保険
  7. リスク管理の最新の動向

 

リスク管理で学べるのは、主に保険に関する知識です。

 

生命保険や損害保険、第三分野の医療保険などに関する、保険契約の仕組みや基礎知識、解約返戻金や税金について学ぶ事ができます。

 

学んだ内容は、自分のニーズに合った保険や補償内容を選ぶ上で役立ちます。

 

金融資産運用

 

金融資産運用では下記の内容を学びます。

 

  1. マーケット環境の理解
  2. 預貯金・金融類似商品等
  3. 投資信託
  4. 債券投資
  5. 株式投資
  6. 外貨建商品
  7. 保険商品
  8. 金融派生商品
  9. ポートフォリオ運用
  10. 金融商品と税金
  11. セーフティネット
  12. 関連法規
  13. 金融資産運用の最新の動向

 

金融資産運用の分野で学べる知識の中に、株式投資をするうえで役だつ投資指標があります。

 

個人で資産運用をしたい方にとっては、必須の知識が学べます。

 

株の基本的な指標を学べば、会社の現在の株価が利益水準からみて割高か割安かどうかや、資産価値からみて割高か割安かなどを理解することができます。

 

株式の指標を学べば、必ず株式投資が成功するわけではありませんが、失敗するリスクを下げることはできます。

 

株の基本的な指標を知らずに株式投資をするのは、道路標識の意味を理解せずに車を運転するようなもので、非常に危険な行為と言えます。

 

タックスプランニング

 

タックスプランニングでは下記の内容を学びます。

 

  1. わが国の税制
  2. 所得税の仕組み
  3. 各種所得の内容
  4. 損益通算
  5. 所得控除
  6. 税額控除
  7. 所得税の申告と納付
  8. 個人住民税
  9. 個人事業税
  10. 法人税
  11. 法人住民税
  12. 法人事業税
  13. 消費税
  14. 会社、役員間および会社間の税務
  15. 決算書と法人税申告書
  16. 諸外国の税制度
  17. タックスプランニングの最新の動向

 

私が、当サイトで情報発信できるようになったのは、簿記の知識を学んだことと、FPのタックスプランニングの分野を学んだことが大きいです。

 

この分野では、所得税の仕組みや、確定申告の基礎知識などが学べます。

 

確定申告は、個人事業主にとって毎年の恒例行事ですし、FPの資格取得のための勉強が直接役だっていることを特に実感できる分野です。

 

不動産

 

不動産では下記の内容を学びます。

 

  1. 不動産の見方
  2. 不動産の取引
  3. 不動産に関する法令上の規制
  4. 不動産の取得・保有に係る税金
  5. 不動産の譲渡に係る税金
  6. 不動産の賃貸
  7. 不動産の有効活用
  8. 不動産の証券化
  9. 不動産の最新の動向

 

不動産の取得・保有・譲渡時にかかる税金や、不動産を有効に活用する方法などを学べます。

 

日本人の場合、保有資産の大半の部分を占めているのは現金と不動産(持ち家)です。

 

この不動産に関連する税金や有効活用の仕方を学ぶことは、自分自身の将来のマネープランを立てる際に、大切な知識になると思います。

 

相続・事業継承

 

相続・事業継承では下記の内容を学びます。

 

  1. 贈与と法律
  2. 贈与と税金
  3. 相続と法律
  4. 相続と税金
  5. 相続財産の評価(不動産以外)
  6. 相続財産の評価(不動産)
  7. 不動産の相続対策
  8. 相続と保険の活用
  9. 事業承継対策
  10. 事業と経営
  11. 相続・事業承継の最新の動向

 

相続や贈与に関する法律や税金についての基礎知識を学ぶことができます。

 

事前に基本的な知識を学んでおけば、相続や贈与に関連した手続きの際に、余分な税金を払わなくても済む場合がありますし、相続に関連した親族間のトラブルを回避できる場合もあります。

 

如何でしたか?

 

このようにFP2級の試験範囲を見てみると、生活に密着したお金の知識を幅広く学べることが分かります。

 

試験範囲が広くて勉強が大変そうだと思われるかも知れません。

 

しかし、FP2級の合格率は30~40%程度と国家試験の中でも決して難しいレベルではありません。

 

FP2級の試験範囲は広くても、各分野を深く掘り下げて学ぶわけではなく、一般的な知識を広く浅く学んでいきます。

 

これまで、生活していく上で自然に学んできたことが、試験範囲の内容と重なる部分もあると思います。

 

私の場合も、タックスプランニングや資産運用などの一部の知識については、もともと知っている内容のものがありました。

 

ですから、必ずしも知らない知識を一から十まで学ぶ必要があるわけではありませんのでご安心下さい。

 

尚、各分野の最後の項目にあるように、それぞれの分野の最新の動向も試験範囲となっています。

 

ですから、FP2級の資格取得を検討している場合は、数年前の中古の教材ではなくて、最新の情報を網羅した教材を活用して勉強することをおすすめしたいと思います。

 

資格取得のためにかけたお金は、学んだ知識を使って保険の見直しや節税という形で還元することができ、元を取ることができるはずです。

 

※6つの分野で学べる内容については「日本FP協会 2級試験範囲」より引用。

 

今後需要が大きくなる

 

FPの資格取得のために学ぶ内容は、生活に密着したお金に関する幅広い知識であり、その知識はあなたの家計の改善に役立ちます。

 

銀行や保険などの業種への就職や転職にもプラスとなりますし、FP1級を取得すれば独立開業の可能性もあるでしょう。

 

また、学んだ知識を活かして、クラウドソーシングなどを利用して在宅で副業をすることも可能です。

 

私は、「CrowdWorks 」に登録して2~3ヶ月間、実際に副業をしたことがあります。

 

FP2級の資格を取得していたおかげで、お金に関する記事作成で副収入を得ることができました。

 

また、これからは国や会社だけに頼るのではなく、自助努力で将来必要となるお金を用意していくことも求められてきます。

 

節税効果の高い「iDeCo」や「NISA」などを有効活用するためには、資産運用に関する知識は不可欠です。

 

これからの時代は、お金の知識がますます重要となり、その知識を活かすことができる機会も多くなると思います。

 

そのような意味で、お金の基礎知識が学べるFPの勉強は、まさに今の時代のニーズに合っていますし、今後も学ぶ内容の重要性は大きくなっていくはずです。

 

通信講座フォーサイトについて

 

フォーサイトのメリット

 

AFP認定研修の対象講座

 

FP3級は誰でも受験することができますが、FP2級には受験資格が定められています

 

下記のいずれかに該当する方は受験が可能です。

 

  1. FP3級の合格者
  2. FP業務について2年以上の実務経験がある
  3. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了している
  4. 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

 

FP3級の資格取得者や2年以上の実務経験があれば、問題なく2級の受験ができますが、上記のどれにも該当しない場合、フォーサイトのFP2級の通信講座であれば、3にある「日本FP協会が認定するAFP認定研修」の対象講座がありますから、FP3級や実務経験がなくてもFP2級の試験を受けることが出来ます。

 

私は、FP3級や実務経験はありませんでしたので、フォーサイトの対象講座を受講してFP2級・AFPを取得しました。

 

 

最初は、FP3級から受験しようかとも思いましたが、FP3級の勉強にもある程度のお金や時間がかかるので、そうであれば一気に2級にチャレンジしようと思った次第です。

 

効率よくFP2級を取得したい方にはおすすめの方法です。

 

フルカラーで学びやすい

 

フォーサイトのテキストは5色のフルカラーで作られています。

 

カラーテキストには、勉強を楽しくする効果や記憶力を高める効果があるようです。

 

私は、フォーサイトの教材しか使っていませんので、他のテキストとの比較ができないのですが、重要な内容とそうでない内容とが、星印の数や色で区別されていて、視覚的にも分かりやすい工夫がされている印象を受けました。

 

合格率が高い

 

せっかく資格取得のためにお金をかけるなら、合格率の高い講座を利用したほうが当然ながら合格の可能性は上がります。

 

フォーサイトのFP2級の合格率は89.21%(2018年5月の試験)です。これは全国平均の合格率より約2.26倍も高い数字となっています。

 

数字の点からも、フォーサイトは質の高い通信講座だと言えるでしょう。

 

フォーサイトのデメリット

 

独学と比べると費用がかかる

 

教材自体は分かりやすく不満はありませんでした。

 

強いてあげると、やはり値段です。独学と比べると高いです。

 

確かに、動画や音声で詳しい説明や解説を聞けるわけですから、独学と比べて値段が高くなるのは仕方がないことだと思います。

 

時間はかかっても、受験資格があって費用を抑えたい場合は、TACなどのテキストを購入して勉強するのがお勧めです。

 

一方で、多少お金はかかっても受験資格がなく時間を効率よく使って勉強したい場合は、フォーサイトはお勧めの通信講座です。

 

動画は、スマホでも見れますのでスキマ時間を有効に使えますし、音声をダウンロードすれば車の運転中にも講座を聞くことが可能です。

 

独学と比べると、普段忙しい会社員や主婦の方でも、勉強時間が確保しやすいというメリットがあります。

 

期間限定で、受講料が割引されることがあるので、最新の受講料についてはフォーサイトのページで確認することをお勧め致します。

 

勉強にかけることのできる時間やお金は、それぞれ異なりますから、独学と通信講座のメリットとデメリットを比較したうえでご検討下さい。

 

ただ、いずれにしてもFPの勉強をすることはメリットが多いのでお勧めです。

 

 

 

 

管理人の体験談

 

勉強時間について

 

フォーサイトの通信講座を申込んでから、1月の試験日まで5~6カ月くらいはあったのですが、最初の1カ月はあまり勉強が進みませんでした。

 

仕事が忙しく夏バテ気味でした。

 

それから、講義を少しづつ聞くようになりました。時間でいうと1時間くらいだと思います。

 

9~10月は一日2時間くらいは勉強したと思います。ただし、提案書の作成にかなり時間をかけたので、テキストを読んで覚えたり、講義を聞く時間はそれほど取れませんでした。

 

11~12月、テキストの内容を覚えながら過去問題集を解き始めました。この時期も1日2時間くらいの勉強時間だったと思います。

 

ただ12月を過ぎたあたりから、試験まで2カ月切っているのに、この勉強量では受からないと思い始め、ながら勉強を始めました。

 

音声で講義を車の移動中に聞いたり、病院の待ち時間などに暗記カードを活用するなど、スキマ時間を有効に活用しようという意識が強くなりました。

 

残りの1カ月間は、1日3時間くらいは勉強していました。

 

合計で300時間くらいは勉強したのではないかと思います。

 

提案書の作成について

 

講義の最初の方で、提案書の作成は結構時間がかかるので、普段からコツコツ準備をしておいた方がいいですよと言われていたのですが、全く手を付けていませんでした。

 

お尻に火が付いたのは、9月の半ばを過ぎたころだと思います。

 

講義を聞いて勉強しテキストの内容を覚えながら、同時に提案書を作成するのは、かなり時間がかかる作業で、やっぱり言われた通り最初からコツコツ準備しておいた方がよかったと後悔しました。

 

講師の女性の先生が言っていたのですが、「最初はわからない部分があるのは当然なので、提案書はFPの知識がなくても作成できる所から少しずつ作っていってください。あとは、講義を通じて、徐々に知識は増えていくので、残りはその都度関係する内容を学んだときに作成するように」と言われたことを覚えています。

 

FP2級の講座を受講するなら、提案書の作成は早めに取り掛かるようお勧めします

 

試験当日

 

私が、受験した日は2016年1月24日の日曜日。よりによってその日は数十年に1度というレベルの寒波の影響で滅多にない大雪になりました。

 

試験自体が中止になるんじゃないかと思うほどでしたが、ホームページを確認すると試験は予定通り行われるとのこと。

 

電車もかなり遅れて到着し、すし詰め状態で40~50分電車に揺られた後、駅からタクシーを拾おうとしたのですが、タクシーの姿は見当たらず、タクシー乗り場で待っていてもいつ来るかはわからない状況でした。

 

このままだと、試験開始の時間に間に合わないので、転倒に気を付けながら早歩きで試験会場に向かいました。

 

幸運にも途中でタクシーを拾うことができ、何とか会場まで行ったのですが、試験開始には間に合いませんでした。

 

試験会場に到着した時には、試験開始から20分くらいは経過していました。

 

確か、試験開始から30分以降は試験会場に入れなくなり、試験を受けることが出来なくなるのですが、後5~10分遅れると試験は受けられませんでした。

 

多分、お金をほとんどかけていなかったら、大雪の日に試験を受けに行こうと思えたかどうかもわかりませんが、私からすれば決して安くはない受講料を払って、数カ月一生懸命通信講座で学んできたことを無駄にしたくないという強い思いが、試験を受けるよう私を動かしました。

 

 

結果、試験を受けられるギリギリの時間に到着でき、1発で学科と実技に合格することができました。

ちなみに実技は60点以上が合格ですが、こちらもギリギリでした(笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。