資本金とは?会社設立時や事業を継続していく際に注意すべき点や仕訳の例

 

今回の記事では資本金の意味や、資本金に関連した理解しておくと役立つ内容についてご説明したいと思います。

 

資本金とは?

 

一度は見聞きしたことのある言葉だと思いますが、資本金とはなんでしょうか?

資本金は、会社を設立する際に最初に必要となるお金で、事業を行なうための会社の運転資金です。

以前は、会社設立の際にはこの資本金が株式会社であれば1000万円、有限会社であれば300万円以上が必要とされていました。

その後、2006年5月に会社法が改正されてからは、資本金「1円」から会社を設立することが出来るようになったので、会社を作る資金面でのハードルが大幅に下がりました。

現在、資本金1円から会社を作ることができるのであれば、今の時代に資本金は実質必要ないのではと考えるかも知れません。

少額で会社設立ができるので事業をスタートする段階ではメリットと言えますが、会社を続けていって収益を増やしていくためには、積極的に設備投資をしたりして事業を拡大していくことも必要となります。

資本金が少額のままでは中長期の視点で考えるとデメリットも生じます。

例えば、事業拡大のために金融機関からの借入が必要となった場合、他の条件は一緒でA株式会社の資本金は1円でB株式会社の資本金は1000万円だったなら、金融機関はどちらの会社に融資を検討するでしょうか?

普通に考えれば、仮に他の条件が同じであれば、資本金が多い会社の方が資金面での体力があるので、より安心して融資することができると判断される可能性が高くなります。

確かに、事業を始めるハードルは随分下がりましたが、そのハードルを下げたままの状態で事業を拡大したり継続していくことは難しいでしょう。

 

増資について

 

資本金は事業を始めてから、その金額を調整することが可能です。上記のような理由から資本金を増やしたいと思うこともあります。

資本金を増やすことを増資と言います。

会社の事業が軌道に乗ってきたなら増資も検討できますが、同時に増資によるデメリットも抑えておく必要があります。

例えば、増資によって資本金が1000万円を超えたなら、法人住民税の均等割という税金の額が増えることになります。

ちなみに、この法人住民税の均等割は、事業が赤字であっても税金が発生します。会社は1円からでも設立できますが、会社を維持するだけでも毎年一定の資金が必要となることは意識しておく必要があります。

また、消費税についても、原則会社を設立して2年間は免税事業者となり消費税を収める必要はありません。

しかし、会社設立1年目に、増資をして資本金が1000万円以上となった場合は、2年目から消費税を納める必要があります。

もし、会社設立時点で最初から、資本金の金額が1000万円以上であれば1年目の分から消費税を納める必要がありますので注意が必要です。

 

資本金の仕訳の例

 

資本金に関する仕訳の例を一つだけご紹介したいと思います。

 

会社設立時に出資者から払い込まれた800万円の資金を資本金に組み入れた。

 

借方金額貸方金額
普通預金8,000,000資本金8,000,000

 

仮に、会社設立時に出資者から払い込まれた800万円の資金を会社法で規定する最低限度額だけ資本金に組み入れた。という問題であれば下記のように仕訳します。

 

借方金額貸方金額
普通預金8,000,000資本金4,000,000
資本準備金4,000,000

 

会社法で規定する最低限度額は1/2となっており、日商簿記2級で学ぶ内容としてよく問われる部分ですので抑えておきましょう。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。