ネット決済が簡単で安全に!PayPal(ペイパル)の使い方や登録手順について

 

現在利用者が増加している決済サービスPayPalをご存知でしょうか?

インターネットで買い物が手軽にできるようになって便利な反面、セキュリティ上の不安や決済手続きが少々面倒だと感じたことはありませんか?

ネット決済がより簡単で安全になれば、今まで以上に快適なインターネットショッピングを楽しむことができます。この記事ではPayPalの仕組みや登録手順についてご説明したいと思います。

 

PayPalとは

 

PayPalとは、オンライン決済サービスのことでPayPalのサイトでは世界で1億5000万人以上の人たちが利用していると説明されています。

現在、利用者が増えているので表示されている数字よりもかなり利用者は増加しているはずです。

PayPalは簡単で安全な決済サービスです。 さらに、アカウント開設費年会費手数料も全て無料となっていますから金銭的な負担は一切ありません。

ただし、為替手数料などに関しては海外への支払の場合、別途必要になる場合があるようです。しかしそれ以外は国内であれ海外であれ買い物をする際は無料でPayPalのサービスを利用することができます。

通常インターネットショップなどで買い物をする場合には、クレジットカードを利用して決済するケースが多いと思いますが、クレジットカードの情報を入力するのに手間や不安を感じたことはないですか?

多くの人が利用していて誰もが知ってるようなAmazonや楽天市場と言ったメジャーなサイトであれば、それほど不安もないと思いますが、海外のサイトであったり、マイナーなサイトなどであれば個人情報の漏洩などを心配したり不正にクレジットカードが使われてしまうのではないかと一抹の不安を感じる場合もあります。

そのような時は、このPayPalを利用することによってそうした不安を取り除くことができますのでとてもおすすめの決済手段です。PayPalにカードの情報を一度登録すれば、後はPayPalのIDとパスワードだけで決済手続きをすることができます。ですから、PayPalを利用すればお店側にクレジットカードの情報を知られることなく買い物を楽しむことが出来ます。

PayPalを利用して決済ができるインターネットショップも増えてきていますので、定期的に利用していたり利用してみたいサイトがあれば登録手続きをしてみてもいいかと思います。

PayPalに対応しているインターネットショップはこちらから確認できます。

お手持ちのクレジットカードをPayPalのサイトに登録するだけで利用することができます。もしかしてPayPalのサイトにクレジットカードの情報を登録することにも不安を感じますか?

上記でご説明したように世界の多くの人が利用していますし、私も数年利用していますが一切トラブルを経験したことはありません。それでも不安を感じる場合はデビットカードプリペイドカードなどを登録すれば、仮に不正に使用されるようなことがことがあったとしても、残高や支払い金額以上の利用はできませんので被害を最小限にとどめることも可能です。

商品を購入する際にPayPalで決済手続きをしたならば、一定の条件のもとで保護を受けることができます。これは買い手保護制度と呼ばれるもので、例えば届いた商品が説明されていたものと著しく異なっていたり、商品自体が届かないといったトラブルがあった際に、決済した日から180日間の間に手続きをとることでPayPalの買い手保護制度の対象となって、PayPal側から有利な判定を受けた場合は商品の購入代金全額と発送費用も含めて返金を受けることができます

細かな資格要件や対象となる商品に関する情報はPayPalサイトで確認することができます。

 

登録は簡単!

 

ここからは、PayPalの登録手順についてご説明しますね。

まず最初にPayPalのサイトに移動します。新規登録のアイコンをクリックすると下記のページが表示されます。

 

パーソナルアカウントを選択して続行をクリックします。後は画面の指示に従って住所や氏名、メールアドレス等を登録していきます。

アカウントを取得したら再びPayPalのサイトに移動してログインして下さい。

ログインすると上位の部分にカテゴリーの一覧が表示されているのでウォレットをクリックしてカードの登録を行います。

 

 

ここまでで、登録までの一連の手続きは完了しますが、カードの登録が完了してもそのカードが本当にあなたの所有しているものであることを証明するカード認証の手続きが必要です。手続きと行っても複雑ではありませんので安心して下さい。次の副見出しでご説明します。

 

少額請求が行われてから返金までの流れについて

 

PayPalのアカウントを作成しPayPalにクレジットカードを登録したなら下記のように新規に登録したカードとして表示されると思います。

 

 

このように、PayPalにクレジットカードを登録したなら、その次にカード認証の手続きが必要です。少額請求といって登録したクレジットカードに対して200円の料金が請求されます一連の手続きを済ませると最終的にその200円の請求された金額は返金されることになります。

このことによってクレジットカードの所有者が確かにあなたであることを証明することができますし 、PayPal側では当初カードの利用限度額が設けられていますが、その利用限度額の解除の手続きも同時に行うことができます。

なぜこのような手続きが必要かと言いますと、PayPalの決済サービスは容易に自分のアカウントを開設することができて、簡単で安全に買い物ができたり、ビジネスを行うことが可能となりますが、便利な反面本人確認などの手続きをとらなければお金のやり取りで悪用されるケースも考えられます。簡単にお金のやり取りができるということは逆に言うとさまざまな犯罪の温床となってしまう可能性もあるわけです。

ですから、何らかの手段で本人確認が必要となってくるのですが、PayPalではクレジットカードの少額請求を行なうことで本人確認を行っています。これから少額請求された金額が返金されるまでの一連の流れをご説明します。 

新たに登録されたカードをクリックしていただくと下記のような画面が表示されると思います。

 

クレジットカードを確認をクリックします。すると下記の画面が表示されます。

 

 

OKをクリックして下さい。クリックしますと下記のようにカードに確認可能と表示されます。

 

 

ここまで手続きしますと後は、1~2日後にオンラインのカード利用明細を確認すれば4桁の利用コードが確認できますので、登録したカードをクリックして、さらにクレジットカードを確認の部分をクリックすると、下記の画面が表示されますので4桁のコードを入力して確認をクリックします。

 

 

無事に一連の手続きが完了すると下記のように表示されます。カードに使用可能と表示されると思います。

 

 

 

以上で一連の手続きは完了です。PayPalで簡単で安全なインターネットショッピングをお楽しみ下さい。

 

 

まとめ

 

 

PayPalは、オンライン決済サービスで簡単・安全・無料で利用できる便利なサービスです。

本人確認として少額請求の手続きを行ないます。

PayPalを利用できるインターネットショップは増えていますので、クレジットカードに関するセキュリティ上の不安や決済手続きが面倒だと感じたことのある方は是非利用してみて下さい。

 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。