意外と多いふるさと納税ポータルサイト。それぞれの特徴を比較して自分に合ったサイトを見つけよう

 

 

 

ふるさと納税のポータルサイトって意外と多いんですね。

 

今回の記事は、ふるさと納税を行ってる方も、ふるさと納税を検討してる方も、ふるさと納税ができるポータルサイトにそれぞれどんな特徴があるのか把握できる内容となっています。

 

あなたにとって条件の良いポータルサイトを見つけてくださいね。

 

 

管理人が現在登録しているサイト

 

 ふるさとチョイス

 

 

  • 登録お礼の品数 115,941点
  • 掲載自治体数 1,788自治体(全国100%)
  • クレジット決済可能自治体数 1,139自治体 ※2017年3月時点

 

 私も登録しているふるさとチョイスは、最も利用者の多いふるさと納税ポータルサイトではないでしょうか。

 

なんと毎月のPV 数が1億を超えるサイトです。

 

月のPV 数が1億以上って、個人の弱小サイトを立ち上げてから、約3ヶ月の私にとっては想像できない数字です。

 

現時点でのサイトの寄付の申し込み累計が1600万件を超えています。

 

私の分も数件入っているはずです。

 

ポータルサイトでもトップクラスの自治体の情報(100%)をカバーしています。

 

魅力的な当サイト限定の返礼品も多く備えてられているうえ、災害が起きた時などの資金調達のフォームなども提供しており、多くの人から支持されているサイトです。

 

 

さとふる

 

 

さとふるは、「ふるさと納税に関するアンケート」において、
認知度No.1(※1)および利用意向No.1(※2)のふるさと納税サイトに選ばれました。

 

私が登録しているもう一つのサイトはさとふるです。

 

上記のようなアンケート結果にも表れているように、認知度も高く一つ一つの返礼品の情報が充実しています

 

返礼品を受け取った方の口コミも利用できますから、返礼品を選ぶのに有効活用することが可能です。

 

分からない点などを、直接電話で確認することもできますから、ふるさと納税をしたことのない方にとっては、利用しやすく親切なサイトだと思います。

 

また、決済についてもクレジットカードを始めとして、コンビニ払いや、Pay-easy支払い、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済など複数の支払い方法が可能です。

 

 

 ポイントを有効活用できるサイト

 

 

楽天ふるさと納税

 

 

楽天ふるさと納税は、その名の通り楽天が運営しているポータルサイトになります。

 

私は、定期的に楽天市場で買い物しますがあなたはいかがですか?

 

楽天での買い物の魅力の一つにポイント還元率が高いことが挙げられます。

 

特に、楽天カードを利用すれば結構ポイントたまりますよね。

 

実は、楽天ふるさと納税のポータルサイトを通して行う寄付は、 楽天市場 での買い物と同様の扱いになるんです !

 

つまり通常の買い物と同様に寄付金に関しても、楽天スーパーポイントを受け取ることが可能です。

 

さらに、現在持ってい楽天スーパーポイントを使って寄付金に当てることもできます

 

なんといってもこのサイトの一番の魅力は、楽天スーパーポイントを有効利用できるということではないでしょうか。

 

ただし、掲載自治体数は、ふるさとチョイスやさとふると比べると少ないです。

 

今後、掲載自治体数はさらに増えるでしょうが、現時点で自分にとっての魅力的な返礼品があるかどうかを確認した上で、もし魅力的な返礼品を見つけることができるなら、このサイト利用する価値は大きいです。

 

楽天会員の方であれば、住所や氏名などの情報をそのまま利用できるので、手続きの手間もかからないのも助かりますね。

 

 

Yahoo ふるさと納税

 

 

Yahooふるさと納税も、名前の通りヤフーが運営している、ふるさと納税ポータルサイトになります。

 

ヤフーのポータルサイトは、楽天ポータルサイトと比べると掲載自治体数は多いです。

 

そして、このサイトもポイントを有効活用することが可能です。

 

Yahoo!ショッピングなどで、Tポイントを貯めている方も少なくないと思います。

 

このTポイントを、1ポイント1円として寄付金に充てることが可能です。

 

ちなみに最初にご紹介した、ふるさとチョイスもTポイントでの支払いに対応しています。

 

ただし、楽天との違いは寄付金の金額が買い物としてポイントに反映されることはありません。

 

それでも、ヤフーふるさと納税のポータルサイトは公共料金の支払いをネットで行うことができる、Yahoo!公金払いに対応しています。

 

支払いの際、【YJカード】 を利用するなら、1%のTポイント還元を受けられます

 

ですから、ヤフーふるさと納税のポータルサイトもポイントをお得に活用できるサイトだと言えます。

 

 

ふるぽ

 

 

ふるぽは、ポイント制を採用している自治体に特化したポータルサイトです。

 

このサイト利用することで、 寄付金に応じたポイントがもらえます。

 

ふるぽのメリットは、寄付をした時点で返礼品を選択する必要がないことです。

 

ポイントの有効期間も、1年~2年と比較的長いですから、自分の好きなタイミングでポイントを返礼品に交換することができます。

 

私も、何度か経験がありますが、寄付するタイミングで人気のある返礼品は品切れとなっていて、申し込むことが出来ないケースが多いです。

 

ですから、人気があって一時的に品切れの返礼品を申し込めるタイミングを測ることができるので、人気の返礼品を手に入れやすいというのがこのサイトの利点だと言えます。

 

ただし貯まったポイントに関しては、寄付をした自治体でしか使うことができないので注意が必要です。

 

 

その他の気になるポータルサイト

 

 

ふるさとエール

 

 

ふるさとエールは、他のポータルサイトと比較するとシンプルなサイトです。

 

掲載自治体数もそれほど多くありません。

 

しかし、他のサイトと比較してセキュリティ環境は充実しています。

 

ネットに個人情報やクレジットカードの情報を入力することに抵抗のある方も居られます。

 

個人情報の流出に関して、時々ニュースで報道されることがありますので、不安を感じる方がいるのも当然だと思います。

 

その点で、このポータルサイトは、オンライン決済サービス事業を展開しているエフレジという会社が運営しています。

 

ですから、セキュリティーの面を考慮すると、他のサイトと比べるとより安心して利用することができると思います。

 

安全面を第一に考えたい方であれば、選択肢の1つとして検討できるのではないでしょうか。

 

決済手段も多岐にわたっていますから、利便性の高いサイトだといえます。

 

 

ANAのふるさと納税

 

 

ANAのふるさと納税は、航空会社のANAが運営するポータルサイトです。

 

このポータルサイトの特徴は、ホームページの画像からも確認できます。

 

寄附金額100円につき1マイルが貰えます。

 

マイルは、ANAの特典航空券などと交換することが可能です。

 

対象自治体に寄付をすれば、追加でマイルが貰えるダブルマイルの特集なども組まれているので、定期的に飛行機を利用される方にはお勧めです。

 

 

ふるさとツアー

 

 

ふるさとツアーは、掲載自治体数もまだ少ないポータルサイトではありますが、個性的なサイトとなっています。

 

それは返礼品が体験型に特化しているという点です。

 

体験プランや宿泊プランなどのジャンルから返礼品を選ぶことができます。

 

寄付額については、15,000円~600,000円の寄付額までと幅広いです。

 

寄付を通じて、普段できない貴重な体験ができるという点では、記憶に残りやすい返礼品と言えるでしょう。

 

 

ふるなび

 

 

最近、高額な電化製品などを返礼品として扱っている自治体が増えていると言われています。

 

ふるなびには、そのような高額な電化製品などを返礼品が多く扱われています。

 

ランキングの上位に、ダイソンの空気清浄機能付ファンヒーターやマウスコンピューターの8.9型2in1タブレットPCなどがありました。

 

ただし、今後は高額な電化製品などの返礼品競争が改善される可能性があります。

 

 

noma-style

 

 

noma-styleは、福島県の南相馬市のNPO法人が立ち上げたふるさと納税ポータルサイトです。このサイトの特徴は、「ファッション・ライフスタイル」をキーワードとしてファッションを通じた新しい復興支援の形をコンセプトとしています。

このような、復興支援の形に賛同した企業による返礼品の提供が実現しており、noma-styleの知名度は上がってきています。 有名なアディダスやジェラートピケなどの企業が提供するアパレル等の返礼品が特徴的です。

返礼品の内容については、昨今さまざまな意見もあり特産品ではないことから、今後もこのような形での返礼品を継続していけるのかは、今の段階ではなんともいえない所です。

それでも、大震災により甚大な被害を受けた地域の復興支援にこのような形で係ることができるのは魅力だと思います。

 

 CityDO

 

 

 CityDOは、全国の全ての自治体の情報を掲載しており、自治体や返礼品の情報を比較検討するのに便利なサイトです。

 

使い方としては、人気の返礼品などの情報をこのサイトで調べて比較検討した上で、申し込みは、この記事で取り上げた別のポータルサイトを利用することです。

 

それぞれの、ポータルサイトに独自のメリットや特典がありますので、あなたにとって最も魅力的なサイトを利用していただきたいと思います。

 

 

まとめ

 

如何でしたか?

 

利用してみたいポータルサイトを見つけることができたでしょうか?

 

ふるさと納税は返礼品の競争が過熱したりして、制度に賛否両論があるのも事実です。

 

しかし、ふるさと納税は、基本的には良い仕組みです。

 

地方にお金が回り私たちにもメリットがあります。

 

これまで、ふるさと納税している方も、この記事でご自分にあったポータルサイトを見つけてもらえたら嬉しいです。

 

関心はあっても、これまでふるさと納税を利用したことがない方もまだまだ多いようです。

 

今回の記事が、ふるさと納税を始めるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、借金生活で苦労したりお金の知識がなかったばかりに余分な税金を払い続けてきた経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。