ふるさと納税の仕組みを理解してお得に節約しましょう

 

 

 

年々、関心が高まり利用者も増加しているふるさと納税。あなたはふるさと納税をしたことがありますか?利用したことのある方はそのお得感を体感しておられると思います。
 
 
関心はあるけど利用方法や利用限度額などわからないことがあって二の足を踏んできた方は今年から是非利用していただきたいです。
 
 
この記事では、ふるさと納税の一連の手続きの流れや貰える特産品などをご説明したいと思います。
 
 
 
 

 ふるさと納税の仕組みについて

 
 
 
 
 
 
 
 
ふるさと納税は全国の自治体に寄付を行うことです。自分が寄付したいと思う全国の都道府県や市区町村を選んで寄付をします。
 
 
寄付をする納税者はその寄付をどのように使ってほしいのかを幾つかの選択肢から指定することも可能ですし一任することもできます。
 
 
寄付を受け取った自治体は、そのお金を使ってその意向に沿って自然保護や医療の拡充などに有効活用できます。その御礼として納税者は自治体から返礼品を受け取ることが出来るわけです。
 
 
2000円以上の寄付を行なうなら、住民税と所得税が一定の割合で控除されることになります。
 
 
実質2000円負担で、自分で選んだ特産品を自治体から貰うことができる大変人気の制度です。ただし、後でも触れますが寄附金には限度額がありますので注意して下さい。
 
 
本来であれば、所得控除を受けるためには確定申告の手続きが必要です。私の場合は個人事業主で毎年確定申告をしていますのでそれほど面倒には感じませんでしたが、会社員の方であれば確定申告の手続きが面倒なので利用していなかった方もおられると思います。
 
 
ただし、現在は「ワンストップ特例制度」といって寄付をする自治体が5箇所までであれば確定申告の手続きは必要ではなく申告書を送付するだけでよくなりました。
 
 
 
 
 

どんな商品が貰えるの?

 
 
 
 
 
 
 
 
ふるさと納税で貰える特典にはさまざまなものがあります。定番で人気の商品はお肉やお米、果物などの食品関係でしょうか。他に最近では電化製品を返礼品としている自治体が増えています。中にはパソコンや一眼レフカメラなどの高価な品もあるようです。
 
 
珍しいもので言うと、返礼品としてイルカトレーナーの体験ができたり川中島合戦戦国絵巻足軽役への参加などのユニークなものもあるようです。
 
  
ちなみに私も少額ではありますがふるさと納税を続けています。今年度は2箇所に寄付をしました。一方の自治体からいただいた大量の豚肉は残っていませんが、別の自治体からいただいた3袋のお米の返礼品のうちまだ開封していない分が1袋だけ残っていましたので写真にとってUPしてみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
このようにお礼の手紙と共に返礼品が送られてきます。実質2000円の自己負担額でそれ以上の金額になるさまざまな返礼品を自分で選んで受け取ることができ、その分がお得になるわけです。
 
 
多くの自治体に寄付をしても実質2000円は変わらずに多くの返礼品が受け取れますのでふるさと納税が人気の理由もうなずけます。
 
 
ただし、注意点としては年収や家族構成によってそれぞれの寄附金の限度額は変わってきますので、自分の寄附金の限度額を意識しないでふるさと納税をすると実質の負担額が上がってしまうことになりかねません。
 
 
ふるさと納税の計算方法について確認したい場合は下記の記事をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 

ふるさと納税で社会貢献 

 
 
 
 
 
  
 
 
 
多くの若者が進学や就職などによって都市部へ移り住んでしまうことを機に地方の過疎化は一層進んでいきます。この大きな流れは現在も変わっていません。
 
 
都市部に移り住んだ多くの若者たちが働いて納めた税金は一部の大都市に集中し、こうした状態が続くなら地方自治体の税収はますます低下を続けることになります。そうなると、地方自治体は十分な行政を行うことがますます困難になってしまいます。
 
 
こうした問題に取り組む一環としてふるさと納税という制度が導入されることになりました。確かに一部の自治体による返礼品の競争過熱などが問題として取り上げられるようなケースもありますが、 この制度によって納税をした個人が返礼品を受取ることができるということだけでなく地方にもお金が回ることになり大きな視点で考えると日本全体にも大きなメリットがあると言える制度です。
 
 
これまで、関心はあるけど利用方法や利用限度額などわからないことがあって二の足を踏んできた方は、これを機に今年からこの制度を利用してみてはいかがでしょうか?その点でこの記事の内容が少しでもお役に立てば嬉しく思います。 
 
 
 
 

まとめ

 
 
 
ふるさと納税は実質2000円負担で、自分で選んだ特産品を自治体から貰うことができるお得な制度です。
 
 
年収や家族構成によって寄附金の限度額は変わってきますので、ふるさと納税ができるサイトでご確認下さい。
 
 
あなたもふるさと納税始めませんか?
 
 

スポンサーリンク

PICK UP & PR

ABOUTこの記事をかいた人

個人事業主のアラフォー男(ささぶね)です。 これまで、お金に関する無知が原因で経済的に苦労した経験から、お金の知識の大切さを痛感。 その後、お金に関する勉強を始め日商簿記2級やFP2級・AFPを取得。 個人事業主のお金管理に役立つ内容を中心に情報発信しています。